メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0428

マリナーズはエースが肩の炎症で離脱、好調のM.ハニガーもDL入り  



ジェリー・ディポトGMがマメに動いて地道な補強をした割には、ここまで9勝13敗と結果が出ていないシアトル・マリナーズ。同じく積極補強を仕掛けたヒューストン・アストロズ(14勝7敗)とは好対照だ。

残念ながら、そんなマリナーズの負の連鎖ともいうべき主力の離脱が発生している。

マリナーズの絶対的エース、フェリックス・ヘルナンデス投手が26日(日本時間27日)、右肩の炎症により10日間の故障者リスト(DL)入りした。

先発ローテ5人のうち、ドリュー・スマイリーが60日間DLに入っているマリナーズだが、エースの離脱は致命的な戦力ダウンになる。

球団公式サイトによれば、サービス監督は「ウォーミングアップから感覚がよくなかったようだ。(中略)2イニング目を投げた時、腕の感覚が感じられなくなった。鋭い痛みがあるわけではないが、ボールが走らず、いい感覚がしなかったようだ」と状態について説明したという。

メジャー13年間でDL4回だけという故障が少なかったエースだが、疲労で腕に力が入らなくなるデッドアームのような症状だと思われたが、検査の結果、肩の炎症が確認されたと地元紙タコマニューストリビューンが伝えている。

MLB NETWORKのジョン・モロシ氏も戦線離脱は”最低”でも2週間から3週間のになるだろうとしている。

2枚が抜けた先発ローテには、アリエル・ミランダとクリス・ヘストンが昇格したが、ヘストンは、結果を出せず早々とマイナーに降格した。

マリナーズのデプスチャートを見るとチェイス・デヨングが先発5番手でローテに入り、ディロン・オバートンがロングリリーフの担当で入っている。

さらに、開幕から打率.338と大活躍していたメジャー2年目のミッチ・ハニガー外野手も右腹斜筋のグレード2の張りと診断され、DL入りした。

ハニガーは2016年オフに右腕タイファン・ウォーカー投手、ケーテル・マルテ外野手とのトレードで、ジーン・セグラ内野手らと共にシアトル・マリナーズへ移籍した若手。これもマリナーズにとっては痛手と言えるだろう。

ただ、明るいニュースもありリードオフマンとして移籍してきたジーン・セグラ遊撃手がここへ来てDLから復帰。

28歳の左腕ジェームズ・パクストンも4月は3勝(0敗)、防御率1.39とヘルナンデス、岩隈に次ぐ次世代エースとして台頭してきている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/04/28 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド