メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0407

クリス・セールが圧巻7回無失点、レッドソックスが延長制して連勝  

 


16年オフに電撃トレードでホワイトソックスのエース左腕クリス・セールを引き抜いたレッドソックス。その左腕がフェンウェイパークの移籍初マウンドで圧巻の投球を披露した。

セールは1回、4回、6回を三者凡退。その他のイニングでも一度も二塁を踏ませない快投で104球、散発3安打、1四球、7奪三振の無失点に抑えた。

パイレーツも先発の25歳ジェイムソン・タイヨン投手が7回を無失点と好投。試合は延長12回に、サンディ・レオン捕手のサヨナラ3ランが飛び出して、レッドソックスが連勝した。

レッドソックスは、野手陣では3Bと言われるムーキー・ベッツ、ジャッキー・ブラッドリー、ザンダー・ボガーツら若手が成長。主砲オルティーズは引退したもののハンリー・ラミレスも復活。

チーム打撃部門では得点、打率、出塁率、長打率、OPSでリーグトップの数字を残した。

これにプロスペクトのアンドリュー・ベニンテンディ外野手の成長と故障から復帰のパブロ・サンドバル三塁手。補強したミッチ・モアランド一塁手でオルティーズの穴を埋めたいところ。

しかし、この日活躍したのは9番打者の伏兵サンディ・レオン捕手だった。レオンは3安打で、チームの全打点を叩き出した。

打線に比べ投手陣は、実績あるデビッド・プライスが開幕からDL入りと明暗がくっきり。

4番手以降もドリュー・ポメランツ、ロエニス・エリアスは、まだ復帰のメドが立たず、ポーセロとセール以外のバックエンドは厳しい状況だ。

リリーフ投手陣も上原、田澤をリリースして補強したセットアッパー、タイラー・ソーンバーグが離脱。

編成最高責任者デーブ・ドンブロウスキーが、あれだけ華々しい補強をしたにもかかわらず今季も打高投低の戦力になってしまった。

7月のオールスターまでは5割のラインをキープしながら彼らの戦列復帰を持つといった展開のレッドソックスだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/04/07 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド