メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0326

WBCで負傷したヤンキースのグレゴリウス遊撃手の穴埋めは?  

 


アメリカの初優勝で幕を閉じたWBC2017。大会の観客動員は2次ラウンドの時点で100万人を動員して一定の成果は収めたといえる。

しかし、選手を出した球団には主力が負傷するというマイナス面もあった。

ここでもマーリンズの中心的存在であるマーティン・プラド三塁手のことを伝えた。真剣勝負である以上仕方のない事だが、プラド以上に深刻なのが、オランダ代表で出場していたヤンキースの正遊撃手ディディ・グレゴリウスだろう。

彼は、WBCの練習試合で右肩を痛めた。すでにヤンキースの故障者リストに登録されているが、開幕に間に合わないだけでなく、復帰が5月にずれ込むことが確実となったという。

グレゴリウスが復帰するまでの間、その穴をどう埋めるのか?

レッズからはザック・コザート、タイガースからはホセ・イグレシアスをトレード獲得しないかとの打診があったとニューヨークポストは伝えている。

しかし、ヤンキースはダイヤモンドバックスのニック・アーメドのトレードに関心を示したとアリゾナの地元紙が報じている。

グレゴリウスは、ジータ―の後釜としては物足りないという評価があったが、昨年、弱かった攻撃面が開花。打率.276、出塁率.304、OPS.751、20本塁打、70打点という好成績を残した。

ただ、守備面では守備防御点(DRS)-9で、規定数に到達した24名のショートの中では21位という下位だった。

ロースターには、24歳のロナルド・トレイエズがいるが昨年は72試合中、ショートでは15試合に出場しただけ。

チーム内の内部昇格では27歳ルーベン・テハーダ。ほかに22歳のテイラー・ウェイドグレイバー・トーレスはプロスペクトとして期待はできるがメジャーでの実績がなく未知数。

セカンドのスターリン・カストロをショートにコンバートしてセカンドにロブ・レフシュナイダーを起用するパターンも考えられるが、どちらも本職ではなく、レフシュナイダーは昨年58試合中、セカンドで8試合しかプレイしていないため、守備面で不安を抱えることになる。

名前の挙がったダイヤモンドバックスのニック・アーメドはメジャー4年目。控えの内野手で、打撃面では打率.218、出塁率.265、OPS.564と落ちるが、守備ではショートが本職。

ショートで90試合出場した昨年は、DRSが13、アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR)が8.6と守備では高い数値を示している。しかも、約52万ドルと格安。レッズのザック・コザート(約530万ドル)、タイガースのホセ・イグレシアス(410万ドル)とは比較にならない。

グレゴリウス復帰までの最長2カ月間のスポット要員として、ヤンキースがショートで誰を起用するのか、マニアックに注目したい。



記事参考
http://baseball.information0.com/major-baseball/yankees-interested-in-nick-ahmed/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/03/26 Sun. 15:54 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド