メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0309

元NFLのティーボウ快音なし、ポーセロに見送りの3球三振  



昨秋メッツ傘下のチームとマイナー契約を果たした元NFLデンバー・ブロンコスのQBティム・ティーボウがオープン戦に出場した。

8番指名打者で出場したティム・ティーボウはレッドソックスの右のエース、リック・ポーセロから手も足も出ない見送りの3球三振だった。この後も3打数ノーヒット、2三振だった。




メッツの球団幹部は、現時点でのメッツへのメジャーキャンプ招聘は広告以外のなにものでもない、と断言。

ただし、マイナーリーグでのキャンプ中に著しい改善があった場合は、メッツキャンプへの昇格、そしてオープン戦登場の可能性は否定していなかった。

そのティーボウ。マイナーの若手が参加する「アリゾナ・フォールリーグ」での成績は打率.194、2打点、2塁打3本、8四球。62打席のうち20打席は三振という結果だった。Aクラス、良くてA-Advancedクラスの実力と言ったところだろうか。


ティム・ティーボウって、誰?


カレッジフットボール史上最高の選手とも言われたクォーターバックで、強豪フロリダ大で全米優勝を果たしたのは2006年と08年。07年には、当時としては史上最年少でハイズマン賞を受賞した。

その輝かしい経歴を引っ提げて10年にデンバー・ブロンコスにドラフト1巡目で入団。

入団2年目には11試合(年間16試合)に先発出場して、12タッチダウン。パスで1729ヤードを投げて、ランで660ヤードを獲得した。当時低迷していたブロンコスをプレイオフに導いた。

サンディエゴ・チャージャースファンなので同地区ブロンコスの躍進には驚いたが、ただ、そのプレイスタイルがプロ向きでなかったことから、選手寿命的は短命だった。

翌年からブロンコスには、史上最高のQBと言われるペイトン・マニングが入団。弾き出される形で、ニューヨーク・ジェッツにトレード。

ジェッツでは結果を残すことなくリリースされ、その後は、ニューイングランド・ペイトリオッツやフィラデルフィア・イーグルスのキャンプに招待されるにとどまった。

端正なマスクと熱血のプレイスタイルから全米での人気は高く、ここ数年はESPNの大学フットボールの解説者を務めていた。

現在29歳。左投げ左打ち。両親がキリスト教の宣教師であったことから、自身も熱心なクリスチャンで、試合中に見せる、片膝をついて祈る姿は、ティーボーイングと呼ばれ、毎回カメラはその姿を映し出した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/03/09 Thu. 06:06 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド