メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0307

【WBC2017】オーストラリア代表の戦い方にも注目  



第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表「侍ジャパン」の1次リーグ初戦となるキューバ戦の先発は石川歩(ロッテ)と発表された。

プールBは日本、キューバ、オーストラリア、中国。このうち上位2チームが第2ラウンドへ進むわけだが、どうみても3強。

初戦の日本対キューバがプールB全体の行方を左右することは間違いないが、日本-キューバ戦の結果次第で、オーストラリアのジョン・ディーブル監督は、負けたほうのチームを叩くという2位狙いで戦略を立てて来るという公算が大きい。

日本-キューバ戦で日本が勝てば、オーストラリアは日本戦を落としても、キューバに勝てば、2勝を挙げて、キューバの上にいける可能性が高くなる。

ふつうはそれが妥当な考え方で、オーストラリアはこの4チームでは完全に2位狙い。全勝を期待されている気の毒な日本代表とは訳が違う。

オーストラリ代表ジョン・ディーブル監督は、昨年11月の「侍ジャパン」のメキシコとの強化試合に、「サンフランシスコ・ジャイアンツのスカウト」として来日。

東京ドームで日本戦をチェックしたが、メキシコ代表が細かい投手リレーで「侍ジャパン」に勝った試合を分析しているに違いない。

フリー・ジャーナリストの石川とらさんによれば、ジョン・ディーブルという監督は、勝ちにいく試合と捨ててもいい試合を明確に見極めて、短いトーナメントを乗り切る采配で定評があるという。

その采配の代表的なものがアテネ五輪。日本はアテネ五輪で「長島ジャパン(采配は中畑氏)」がオーストラリアに2敗して、オーストラリアが銀メダル、「長島ジャパン」は銅メダルに終わった。

日本をよく知る指揮官がどんな戦術をとるかも興味深い。


WBC2017

WBC2017 全出場チーム


【A組(韓国・ソウルラウンド)】
韓国
チャイニーズタイペイ(台湾)
オランダ
イスラエル

【B組(日本・東京ラウンド)】
日本
キューバ
中国
オーストラリア

【C組(アメリカ・マイアミラウンド)】
アメリカ
ドミニカ共和国
カナダ
コロンビア

【D組(メキシコ・ハリスコラウンド)】
メキシコ
プエルトリコ
ベネズエラ
イタリア


【WBC2017】WBCに気になる各種ルールは?ポイント解説
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-3086.html ←



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/03/07 Tue. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド