メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0302

メッツのD.ライトが故障 “キャプテン”は今季も苦しいシーズンに  



ニューヨーク・メッツの生え抜き選手でニューヨーカーに愛されているチームの“キャプテン”が今季もダメかもしれない。

メッツ一筋でキャリア14年目を迎えるデービッド・ライト三塁手が現地2月28日、右肩の故障により2週間はスローイングをしないよう診断を受けていることが報道された。

チームによると、ライトは右肩に違和感を感じて同日に病院で診察を受けたとのこと。2週間後にはセカンドオピニオンを仰ぐ予定で、今後のオープン戦では指名打者として出場する可能性もあるという。

デービット・ライト

ライトで思い出すのは、もうすぐ始まるWBC。2009年と13年の2回、アメリカ代表として活躍。とくに前回の大会は打率.438、10打点 (大会最多) と打ちまくり大会ベストナインにも選ばれるなどアメリカチームをけん引した。

34歳のライトだが、ここ2年は相次ぐ故障で合計75試合しか出場できておらず、昨季は6月に頸椎ヘルニアで15日間の故障者リスト入りすると、リハビリに時間がかかり、レギュラーシーズンでは、わずか37試合の出場にとどまった。

デビッド・ライトは2007年からの14年1億9200万ドルという長期契約を結んだ。残る契約は2016年から37歳となる2020年までの5年8700万ドル(約99億円)となっている。

ブリーチャーリポート(bleacher Report)などは、15年の時点で「長期契約ワースト10」の2番目に彼を選んでいる。

これは憶測だが、前半は無理でオールスター以降のバウンスバックに期待したい。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/03/02 Thu. 06:47 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド