メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0219

【MLB移籍情報】メジャー150勝のJ.ウィーバーがパドレスと1年契約  



ウィル・マイヤーズの年俸調停3年分とFAとなった後の3年分を買い取った形で6年8,000万ドルという大型契約を結んだパドレス。

そのパドレスが補強ポイントだった先発投手の補強に動いた。現地18日、エンゼルスからフリーエージェントになっていたジェレド・ウィーバー投手と年俸300万ドル(約3億4,000万円)の1年契約で合意した。

34歳のウィーバーは、2006年のメジャーデビュー以来、エンゼルスの顔だった。2ケタ勝利を10回マークするなど、メジャーキャリア11年間で150勝93敗、防御率3.55の通算成績を収め、最多勝2回、最多奪三振1回、オールスター選出3回などの実績を誇っている。



ただ、13年4月ににライナーをよけた時に肘を骨折し長期離脱。14年は、マックス・シャーザーらと最多勝タイトルを分け合ったが、その年以降、成績は下降し、15年は防御率4.64、16年は同5.06と悪化。

37被本塁打という不名誉なリーグワーストも印象が悪く、先発陣の層が薄かった16年オフのFA市場でも買い手が付かなかった。

過去の栄光より、直近の実績、球威の低下が評価対象になり、16年オフのFA先発投手では12番目の低い契約金だった。バートロ・コロンやR.A.ディッキーの40歳組や36歳リッチ・ヒルよりもはるかに抑えられた契約内容になった。

逆に言えば、ウィーバーがバウンスバックすれば、パドレスにとっては、残り物には福があるといったところかもしれない。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/19 Sun. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/3105-fd077b45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド