メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0119

パドレスがウィル・マイヤーズとチーム史上最高額で契約延長  

 


 14年オフにA.J.プレラーGMが就任し積極的な補強したパドレス。

 その時は、トレードでデレク・ノリス、ウィル・マイヤーズ、ウィル・ミドルブルックス、ジャスティン・アップトン、マット・ケンプ、ティム・フェデロビッチ、ショーン・ケリー、クレイグ・キンブレル、メルビン・アップトン・ジュニア。

フリーエージェントではジェームズ・シールズ、ブランドン・モローを獲得。イチローや阪神タイガースの鳥谷敬の移籍報道もあった。

 しかし、期待された2015年シーズンは74勝88敗でナ・リーグ西地区4位に終わって低迷。

結局、ファイヤーセールを敢行。クレイグ・キンブレル、マット・ケンプ、ジェームズ・シールズ、ドリュー・ポメランツと次々に主力クラスがロッカーを空けて行った。

 ただ、その時の唯一の遺産でもあったウィル・マイヤーズ一塁手は残し、フランチャイズの顔として球団史上最高額となる6年8,300万ドル(約93億8,000万円)で正式に契約延長した。

 契約の内訳は、下記。
  • 2017年(26歳)200万ドル+契約金500万ドル 合計700万ドル
  • 2018年(27歳)200万ドル+契約金500万ドル 合計700万ドル
  • 2019年(28歳)300万ドル+契約金500万ドル 合計800万ドル
  • 2020年(29歳)2000万ドル
  • 2021年(30歳)2000万ドル
  • 2022年(31歳)2000万ドル

 契約にはサインボーナス1,500万ドル(約17億円)が含まれており、2019年までに分けて支払われる見通し。また、他球団へトレードされた場合はバイアウトとして100万ドルを受け取る内容だ。

 26歳のマイヤーズは、タンパベイ・レイズ時代の2013年に新人王を獲得したが、その後はケガに悩まされていた。

しかし、キャリア最多となる157試合に出場した昨季は、打率.259、OBP.336、OPS.797、28本塁打、94打点、28盗塁と復活。オールスター初選出を果たすなど低迷するパドレスの希望になった。



 A.J.プレラーGMはマイヤーズについて、「彼は可能性に満ちている。チャンピオンシップを争うチームの核となるような選手だ」とコメント。

そして、「ウィルの全盛期を我々が買えたことになればいいね」とマイヤーズの今後の活躍に大いに期待を寄せた。

 ちなみにパドレスのこれまでの契約最高額は、2015年シーズン開幕前にジェームズ・シールズ投手(現ホワイトソックス)と結んだ4年総額7,500万ドル(約84億7,000万円)だった。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/01/19 Thu. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/3049-f145435b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド