メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0118

注目の大物FAバティスタがブルージェイズと何とか再契約へ  



 16年オフの注目選手だったトロント・ブルージェイズの大砲ホセ・バティスタが、元さやに納まりそうだ。MLB公式サイトが複数の関係者の情報として再契約を報じている。

 バティスタはシーズンオフ当初に1720万ドルのクオリファイング・オファー(Qオファー)を拒否してFA市場で複数年契約を模索した。

 誰もが認める大物パワーヒッターで7年間、ジェイズの顔として攻撃をけん引し、地元ファンからの信頼も厚い。



 しかし、契約のタイミングを逃したといえる。それは15年シーズンだ。

 35歳ながら打率.250、HR40本、打点114、四球が三振数を上回る110。出塁率が.377でOPSは.913。このタイミングならジェイズと3年750万ドルあたりの大型契約を得られていたという見立てもある。

36歳になった今季は故障もあり、出場は116試合に留まり打率.234、 HR22、打点69と数字を落とした。峠を過ぎた選手に契約は甘くない。

バティスタ


 Qオファー拒否の足かせも契約交渉を難航させた。36歳で守備力も低い選手を獲得することでドラフト1巡指名権を失うことには、ほとんどの球団が抵抗を示すからだ。

ドラフト1巡目をキープできる16年の成績下位10球団でさえナ・リーグの6球団は守備の問題やチームプランもあって適合しにくく、ア・リーグの4球団もレイズ、アスレチックスは資金面で36歳の複数年契約には躊躇ざるを得ない。エンゼルスには不動のDH、プホルスがいるし、ツインズは再建モードでドジャー二塁手との再契約やトレード交渉もあって、それどころではなかった。

 さらにバティスタの運が悪かったのは、右の長距離砲マーク・トランボ(47HR)、マイク・ナポリ(34HR)、クリス・カーター(41HR)などパワーヒッターがFA市場に残っている現状で需要と供給のバランスが悪すぎた。

 余談だが、フィットする球団としてオリオールズの名前もあったが、シーズン中にオリオールズのアダム・ジョーンズと口頭の争いになってボルティモアではウケが悪いらしい。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/01/18 Wed. 08:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 【MLB契約情報】J.バティスタがブルージェイズと1年1,800万ドルで合意  |  【MLB移籍情報】M.ソーンダースがフィリーズと1年900万ドルで合意 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/3046-a178c746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド