メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1228

ヤンキースがトレードを拡大?Wソックスの左腕キンタナに加え右腕ロバートソンもリストに  

 


 メジャーリーグは、ここ最近では珍しいぐらいFA市場の人材が乏しかった為、各球団ともトレードによる補強を模索している。

 ニャーヨーク・ヤンキースがシカゴ・ホワイトソックスとのトレードで、先発左腕ホセ・キンタナの獲得を狙っているとの情報が流れていたが、ここへ来て「USA TODAY」誌の記者ボブ・ナイチンゲールの報告によれば、ヤンキースは、リリーバーのデビット・ロバートソンの獲得も狙ったトレード交渉を水面下で展開中とのことだ。



 ホワイトソックスの両投手を獲得できれば、戦力のアップグレードは確実だが、それなりの代償を覚悟しなければならない。

 ヤンキースは16年夏のトレード期限前にアロルディス・チャップマン、アンドリュー・ミラー、カルロス・ベルトラン、イバン・ノバといずれもチームの主力選手をトレードで放出した。

 その成果として、複数のプロスペクトを獲得。結果、ヤンキースのファームには各ランキングで100位以内の有望株が6~7人に増えた。


ヤンキース

 そして、そのファームからゲーリー・サンチェス(C)がブレイク。ほかにも“ベイビー・ボンバーズ”と呼ばれたアーロン・ジャッジ(RF)、ロナルド・トレイエス(IF)、タイラー・オースティン(1B/OF)などがでた。

 しかし、キンタナとロバートソンといったトレードの目玉選手の獲得には、せっかく充実させたファームシステムからクリント・フレイザー(OF)、グレイバー・トーレス(SS)らのブルーチップをトレード補強のカードにするという代償が伴う。

 ヤンキースの今後はどうなるのか、昨年15年オフにFA補強を唯一しなかったヤンキースだが、今オフは、チャップマンやホリデーらをFAで獲得した。

 ライバルのレッドソックスが、先発左腕クリス・セールのトレードを成功させた。ワールドシリーズを制したカブスは、野手は育成、投手は補強というスタンスをとった。球界での存在感が薄れたとはいえヤンキースの動向が注目される。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/12/28 Wed. 08:30 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/3015-8e141211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド