メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1227

川崎宗則の再契約にも影響!? カブスが元ドラ1の二塁手とマイナー契約  



 ハッスルプレイで人気の川﨑宗則(2B/SS)の移籍先が気になる。カブスとの1年契約を終えてフリーエージェント(FA)になった川﨑だが、そのカブスが、ジェマイル・ウィークス(2B)とマイナー契約を結んだ。

 29歳のウィークスは、川﨑と同じポジション。2008年のMLBドラフト1巡目(全体12位)でオークランド・アスレチックスに入団。11年にメジャーデビュー。97試合で打率.303、22盗塁の好成績をマーク。

 しかし、12年は118試合で規定打数に達したが打率.221、16盗塁と成績を落とすと、その後はメジャーでの出場機会が激減した。

 今季はサンディエゴ・パドレスで17試合に出場し、打率.140という内容だった。兄はDバックスからFAのリッキー・ウィークス(2B/OF)。


カブスの正二塁手バエスの控え争い

 カブスは24歳のハビエル・バエスが正二塁手として成長した。16年はキャリアハイの142試合に出場、打率.273、14本塁打、59打点、12盗塁をマーク。

ハビエル・バエス


 プレイオフでもリーグチャンピオンシップのGAME1では本盗を決めるなど、シリーズ6試合で打率.318、5打点の活躍を見せ、同僚のジョン・レスターと共にMVPに選出された。

 しかし、打撃面というよりは、走塁や守備で光るシーンが多かった。とくに、巧みなグラブさばきで、タッチプレーが抜群に巧く、相手の二盗を刺しているシーンが印象的だった。

 そのバエスが4月に15日間のDL入りした時に、その穴を埋める戦力としてマッドン監督は、すかさず川﨑をコールアップした。勝負のかかった9月にも、川﨑は再び昇格し、ワールドシリーズ制覇までチームと帯同した。

川﨑宗則


 カブスにとって指揮官も認める貴重なバイプレイヤーだった川﨑だが、このウィークスの加入で再契約は厳しくなったと考えなければならない。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  





関連記事

Posted on 2016/12/27 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/3013-41aa188e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド