メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1219

ブルージェイズFAのE.エンカーナシオンとJ.バティスタの移籍先は?  




労使協定の締結が期限ぎりぎりまで遅れたことや、先発投手の人材の乏しい今オフは、大きな話題も少ないストーブリーグ。

クローザーのビッグ3や上原浩治、田澤純一がのリリーバーたちのニュースは入ってきたが、クリスマス休暇を前にMLB公式サイトがFA市場に残るパワーヒッターの移籍先を予想している。

ブルージェイズからのクオリファイングオファー(Qオファー)を拒否したエドウィン・エンカーナシオン(1B/DH)に関しては、レンジャーズがフィットしているという記事だが、レンジャーズの年俸総額は、すでに2016年開幕時の1億6124万ドルを越えている状態で、彼を獲得するには1年2000万ドル程度の複数年契約が必要で球団の総年俸を圧迫する。

それでもライバルのアストロズがジョシュ・レディック、カルロス・ベルトラン、ブライアン・マッキャン、青木宣親などの積極補強した打線と比べると見劣りするのも事実で、短期契約なら欲しいところだろう。


エンカーナシオン


 インディアンスやカージナルスという名前も挙がっているが、インディアンスはフィットするものの予算が小さいため厳しいものがあり、カージナルスはファーストにマット・カーペンターを配置転換するプランがあり、どうしても必要なわけではないという。

 現時点で可能性があると考えられるのはブルージェイズ、レンジャーズ、カージナルスの3球団だが、レンジャーズと短期、それか元のブルージェイズと複数年契約になると予想したい。

 なお、同じくブルージェイズからQオファーを拒否したホセ・バティスタ(RF/DH)も移籍先が決まっていない。Qオファー拒否と36歳という年齢が足かせとなってなかなか決まらないのが現状だ。

 タンパベイ・レイズ入りのうわさが浮上しているとMLB.comなどが伝えているが、30球団でも最低年俸で知られるタンパには、よほど要求額を下げないと無理な移籍と考えられる。


kfulf20160516001023p.jpg
5月にはレンジャーズのオドーアと乱闘騒ぎで退場になったバティスタ(左)


 たしかにレイズならドラフト1巡権を渡す必要がない。16年の成績が下位10球団の中に入っているからだ。

しかし、レイズの地元紙『タンパベイ・タイムズ』は、バティスタよりも安上がりで済みそうなペドロ・アルバレス(前オリオールズ)、ライアン・ハワード(前フィリーズ)、ブランドン・モス(前カージナルス)、クリス・カーター(前ブリュワーズ)内野手らを獲得候補に挙げている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   






関連記事

Posted on 2016/12/19 Mon. 17:36 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/3001-5d4a2aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド