メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1102

FA市場:ブルージェイズ、エンカーナシオン、バティースタ らにQオファー提示へ  




 先発投手に人材が少なく、外野手に多いといわれている今オフのフリーエージェント(FA)市場。

トロント・ブルージェイズがFAとなる指名打者エドウィン・エンカーナシオン、ホセ・バティースタ外野手にクオリファイング・オファー(QO)を提示する見込みであることが分かった。

エンカーナシオン


 ブルージェイズのロス・アトキンスGMは、強打者2人にQOを提示することについて「簡単すぎる決断だよ」とコメント。

そして、「彼らは素晴らしいキャリアの持ち主で、左右どちらの投手も苦にしない。特にここ数年は、チームの成功に関して大きな部分を担ってきてくれた」と話している。

 エンカーナシオンについては、シーズン中にレッドソックスを引退するデビッド・オルティーズが自分の後釜にふさわしいと話したことで物議を醸したが、ボストンの地元紙もその可能性に言及していた。

 来季のレッドソックスは、デビッド・オルティーズ(1600万ドル)、上原浩治(900万ドル)、田澤純一(337・5万ドル)、ブラッド・ジーグラー(550万ドル)らがFAとなることによって、単純計算で約3000万ドル近くの年俸が削減される。

 複数年で最低でも1億ドルといわれているエンカーナシオンの年俸。市場の動向次第ではハンリー・ラミレスの年平均2200万ドル、ヨエニス・セスペデスの2500万ドルになることは誰でも予想できるが、その資金も確保できる計算だ。

レッドソックスのデーブ・ドンブロウスキー社長がどう動くかが、注目される。

 来シーズンを34歳で迎えるエンカーナシオンは今季、打率.263、自己最多タイの42本塁打を放ち、127打点でタイトルを獲得。一方、36歳のバティースタは故障に苦しみ、打率.234、22本塁打、69打点と低調に終わった。

 なお、ブルージェイズは、地元カナダ出身で今オフFAとなるマイケル・ソーンダース外野手(30)についてはQOの提示をまだ決めていないという。上の二人の打者の動向次第といったところだろうか。

 QOの金額は、メジャーリーグの球団に所属する上位125選手の平均年俸で、今季は1,720万ドル(約17億9,000万円)となっている。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/11/02 Wed. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2924-76e723fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド