メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1031

黒田博樹の背番号「15」が、広島の永久欠番に  




 広島が今季限りでの現役引退を表明した黒田博樹投手(41)の背番号「15」を永久欠番とする方針を固めた。時事通信が伝えている。

 黒田は、上宮高校時代の3年間は控え投手だった。特に高校3年生の夏は、西浦克拓(元日本ハム)、溝下進崇に続く三番手投手で、3年生の時は、公式戦で一球も投げなかった。

 東都の専修大学へ進学。当時の専修は2部だった。六大学の華やかさは経験していない。チームは4年生春から東都大学1部リーグに昇格している。




 1997年、広島にドラフト2位で入団。11年間プレーした後、2007年12月15日、ロサンゼルス・ドジャースと3年3530万ドルで契約した(AP通信)。

 1年目の2008年、6月6日のカブス戦では9回4安打、無失点、11奪三振、無四球の快投でメジャー初完封を記録。

しかし、19日に右肩腱炎で故障者リスト入り。翌年も8月16日のダイヤモンドバックス戦ではラスティ・ライアルの打球を頭部に受け故障者リスト入りしている。

この頃から、メジャーで生き残るために、のちに「フロントドア」と呼ばれる変化球ツーシームを磨いた。

 メジャーの名門ヤンキースでも活躍。15年、ヤンキースからのクオリファイングオファーや他球団からの高額オファーを断って、広島に復帰。今季はローテーションを支え、25年ぶりのリーグ制覇に貢献。日米通算で203勝を挙げている。

 日米40球団で勝利をあげた唯一の投手。黒田の引退は、米メディアでも報じられた。

黒田博樹


 球団幹部は「苦難の歴史と優勝を経験した黒田が、(広島に復帰して)お金以外の価値観があるという一石を投じてくれた」と話した。

 広島では、ともに1970~80年代の黄金期を代表する強打者だった山本浩二氏の「8」、衣笠祥雄氏の「3」が永久欠番となっている。

◇関連記事
男の生きざま 39歳黒田が10勝目 被災地広島に送る1勝
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1299.html


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/10/31 Mon. 00:34 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2922-3e358a27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド