メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1022

岩隈久志がマリナーズとの契約選択権を行使  




スコット・サービス監督らコーチ陣スタッフ全員が来季も続投すると発表したシアトル・マリナーズ。

エースのフェリックス・ヘルナンデスが長期離脱する中で、先発ローテーションの中核としてチームに貢献した岩隈久志が21日、自身のブログで2017年の契約選択権を行使したことを明かしている。


「皆さんお久しぶりです。
シーズンが終了し、ゆっくりオフを過ごしていたら、あっという間にこんな時期になってしまいました。

2016年はメジャーでシーズン自己最多勝利を挙げる事ができました。
あと一歩のところでプレイオフを逃しましたが、最後の悔しさで改めて来年絶対にワールドチャンピオンになると決意したので、充実したオフを過ごしつつ、体のケアもしっかりやっていきたいと思います!

来年もマリナーズの一員として戦える事が嬉しいです(*^^*)
頑張ります!」(一部抜粋)



 メジャーキャリア5年目の今季は、33試合に先発して自己最多の16勝12敗、防御率4.12、WHIP1.33だった。メジャー通算では63勝37敗、防御率3.39。日米通算170勝106敗。

岩隈久志 

 対戦相手が岩隈対策として低めのスプリットを警戒する中、アウトの中に占めるゴロアウト/アウトの比率は0.88と昨年の1.46に比べフライアウトが多くなり、1試合の四球数もBB/9も1.46から2.08、FIPも3.74から4.27と悪化した。

 それでもチームトップの33試合登板はリーグ4位タイ、199回(同11位)を投げ16勝(6位タイ)とリーグを代表する実績を残し、チームが必要とした先発ローテーションの維持を岩隈が担った。

 マリナーズは、このオフに若手の先発右腕T.ウォーカーら投手3人が手術を受けた。来季の先発ローテーションは、

フェリックス・ヘルナンデス(2019年まで)、
岩隈久志(2017年契約更新)、
ジェームズ・パクストン
タイファン・ウォーカー
アリエル・ミランダ(いずれも最低4年はチームがコントロール)

この5人に加えて、今季開幕時には先発ローテに入っていたネイサン・カーンズが一角を争うことになる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   



関連記事

Posted on 2016/10/22 Sat. 20:26 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2909-c6b4b023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド