メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1007

【ALDS】トライブが先勝、上原1回無失点、田澤はロースターから外れる  




 先に3勝をあげたチームが、リーグ優勝決定戦へ進出する5ゲームマッチのア・リーグ地区シリーズ(ALDS)が、現地6日に開幕した。

 公式戦の勝率でアドバンテージのあるインディアンスのホーム、クリーブランドで行われた中地区王者・インディアンスと東地区王者・レッドソックスのGAME1は、インディアンスが、1点差を守って勝利を挙げた。

 インディアンズは、レッドソックスの先発で今季22勝を挙げているポーセロから3回裏、正捕手ゴームズの代わりにマスクをかぶった9番ペレスが反撃の一発。2対2の同点にすると、続く2番キプニス、3番リンドーもアーチをかけて、1イニング3本のソロ本塁打で逆転した。



 レッドソックスの先発ポーセロは、4回1/3で、被安打6、失点5、インディアンスのバウアーも4回2/3で被安打6、失点3だった。

 その後は、両チームともいかにも短期決戦らしい継投合戦。

 気になる上原浩治は1点ビハインドの8回、4番手でマウンドへ。

先頭のラミレスに二塁内野安打を許したものの、続くチゼンホールを二塁併殺に仕留めると、クリスプの一塁線への打球を一塁手ラミレスの好守で1イニングを10球で終わらせた。 

 上原は、7月には大胸筋肉離れで1カ月半の離脱を余儀なくされたが、9月に復帰すると11試合連続無失点の快投、健在ぶりを発揮している。



 もうひとり、レッドソックスの日本人投手・田澤純一は、ALDSのロースターから外れた。発表されたのは、バーンズ、バックホルツ、ケリー、キンブレル、ポメランツ、ポーセロ、プライス、ロドリゲス、ロス、上原、ジーグラーの11人で、田澤の名前はなかった。

先発投手のポメランツをブルペンに回してロングリリーフとブルペンの左投手を1枚増やした。

 今季、田澤は5月下旬から不調が続き、7月に右肩の張りで故障者リスト(DL)入り。復帰後は好調だったものの、3勝2敗、防御率4.17の成績でシーズンを終えていた。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ







関連記事

Posted on 2016/10/07 Fri. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2885-7b2aaf07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド