メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0924

【タイトル】タイガースの新人M.フルマーが田中を抜いて防御率トップに  




 ア・リーグの投手部門のタイトル争いで、防御率トップだったニューヨーク・ヤンキースの田中将大に思わぬ伏兵が現れた。

 デトロイト・タイガースのルーキーで「隠れ1位」だったマイケル・フルマー(23)が現地23日、ロイヤルズ戦に先発し、7回1失点で11勝目をあげるとともに規定投球イニングに達して、防御率2.95で、同3.07の田中を抜いてトップに躍り出た。


【AL防御率】
  1. マイケル・フルマー(DET)2.95
  2. 田中将大(NYY)3.07
  3. リック・ポーセロ(BOS)3.08
  4. コーリー・クルーバー(CLE)3.11
  5. アーロン・サンチェス(TOR)3.12

 23歳のルーキー右腕は、2011年のMLBドラフト1巡目追補(全体44位)でニューヨーク・メッツから指名されプロ入り。

昨年7月31日にヨエニス・セスペデスとのトレードで、ルイス・セッサと共にデトロイト・タイガースへ移籍した。

 プロスペクトランキングでも常に上位で、メジャーデビューとなった4月29日のミネソタ・ツインズ戦では、5回2失点で初登板初勝利を飾った。

 デビューから8試合目の登板となった6月6日に防御率を2点台に乗せ、その後、3点台になった時もあったが、この日、25試合目の先発で今季の投球回数が155回2/3となって規定投球回数に到達。リーグトップに躍り出た。


 前日まで防御率3.07でトップに立っていたヤンキースの田中は、右腕の筋肉の張りのため予定されていた次の登板を回避している。

日本人投手として初めてとなる防御率のタイトル獲得なるのか、おそらく残り1試合の登板になるエリート・スターター達の防御率争いにも注目したい。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



関連記事

Posted on 2016/09/24 Sat. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2862-600ba983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド