メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0917

前田が1年目でチームトップの15勝目、グリンキーにまたも投げ勝つ!  



 ドジャースの前田健太が現地16日、ロードでのアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に今季28試合目の先発登板。5回を3安打、1失点に抑え15勝目(9敗)を挙げた。

 残り16試合で地区優勝までマジック13。しかし、4ゲーム差の2位ジャイアンツとは直接対決が6試合もあり、まだまだ予断を許さない状況だ。

 前田は、久しぶりの中4日での登板、9月5日の登板では相手のエース右腕ザック・グリンキーと投げ合って勝利、今回は2度目の投げ合いになった。



 ドジャースは初回、ターナー三塁手のタイムリースリーベースなどで2点を先制。リードを受けた前田は、その裏を3者凡退に抑えるシャットダウンイニングを演出。

その後もストライクゾーンのどちらともとれる微妙な判定で苦しんだが、3回は1死からオーイングス、ゴールドシュミット、ラムの上位打線を3者連続三振に切って取った。

 ドジャースは、1点を返されて迎えた4回に1死一、二塁のチャンスを作ると、ケンドリック外野手の内野ゴロの間に1点を追加。

前田は、5回を3者凡退で終えたところで降板。この日は94球を投げ、5回3安打、6奪三振、3四球、1失点で防御率3.24となった。

その後は6投手の細かい継投でリードを守りきり3対2で勝利。ここまで懸命に先発ローテーションを支える前田にブルペン陣が15勝目をプレゼントした。

 一方、昨オフに超大型契約でドジャースからダイヤモンドバックスに移籍したグリンキー投手は、6回4安打、4四球、4三振、3失点(自責点は1)の内容で今季7敗目(12勝)を喫した。

 昨年オフ。前田獲得を積極的に画策したあとにグリンキーに乗り換えたダイヤモンドバックス。明暗がはっきり見えた両投手の対決は見ていて愉快だった。

CsiKj6EVIAAORvV.jpg


 前田は5日のダイヤモンドバックス戦で14勝目を挙げ、石井一久氏らが持つ球団1年目新人の最多勝利に並んでいたが、この日の白星で記録を更新した。

 ドジャースの新人投手としては、リック・サトクリフが新人の資格を保持していたメジャー3年目の1979年に17勝(10敗)を挙げたのが最多。球団の歴代新人投手の中でも前田の15勝は2位に位置している。

 なお、今季の日本人投手の勝利数では、岩隈久志の16勝(11敗)がトップ。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/09/17 Sat. 17:58 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2848-42cc89e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド