メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0824

【MLB移籍情報】2016シーズンオフにFAとなる主な選手《投手編》  




❏今季オフにフリーエージェント(FA)となる主な投手(先発)の一覧


アンドリュー・キャッシュナー(30歳) 現マーリンズ
※パドレスから7月に移籍した。

C.J.ウィルソン(36歳) 現エンゼルス
※7月6日に左肩の手術。12年からの5年契約が終了する。

ブレット・アンダーソン(28歳) 現ドジャース
※開幕から離脱で8月にようやく復帰。

ジェレミー・ヘリクソン(29歳) 現フィリーズ
※14年にトミージョン手術。DバックスからFA。700万ドルと手頃な価格。

ホルヘ・デラロサ(35歳) 現ロッキーズ

R.A.ディッキー(42歳) 現ブルージェイズ
※42歳という年齢がネック。今年は本塁打の被打率が高く。ナックルの変化にキレがなくなったのかもしれない。

スコット・フェルドマン(33歳) 現ブルージェイズ
※8月1日にアストロズからトレード。

ハイメ・ガルシア(30歳) 現カージナルス
※14年に故障。今季は復活して24試合に登板。

イバン・ノバ(29歳) 現パイレーツ
※8月1日にヤンキースからトレード。移籍後、好成績で5年7000万ドルを要求している。

ジェイク・ピービ(35歳)現ジャイアンツ
※シーズン途中で先発から外されてブルペンにまわされた。

トラビス・ウッド(29歳)現カブス
※15年途中に先発ローテから外されてリリーバーに転向している。

ジェレッド・ウィーバー(34歳) 現エンゼルス
※エンゼルス一筋の10年目だが、14年の34試合18勝を境に15年は26試合で7勝、ピークを過ぎて下り坂に入ったのかもしれない。球速が大幅に低下している。


■以下の選手は契約にチームオプション(OP)がある。

デレク・ホランド(30歳) 現レンジャーズ
*1100万ドル・チームOP(バイアウト150万ドル)

ジオ・ゴンザレス(31歳) 現ナショナルズ
*1200万ドル・チームOP(同50万ドル)

ジェイソン・ハメル(34歳) 現カブス
*1000万ドル・チームOP(同200万ドル)

エディンソン・ボルケス(33歳) 現ロイヤルズ
*1000万ドル・チームOP(同300万ドル)

クリス・メドレン(31歳) 現ロイヤルズ
*1000万ドル・相互OP(同100万ドル)

マット・ムーア(27歳)  現ジャイアンツ
*700万ドル・チームOP(同200万ドル)


大注目はスティーブン・ストラスバーグだったがナショナルズと5月に7年1億7500万ドル。年平均で2500万ドルというMLB史上7番目の高額契約で更新したので、今オフは、スタータークラスがあきらかにコマ不足。

クリス・メドレンは7月に60日間のDL入り。マット・ムーアは8月1日にトレードでレイズからジャイアンツに移籍している。

紹介した選手のなかには、今オフもクオリファイングオファー(QO)を提示される選手がいるものと思われるが、シーズン途中にトレードで移籍している選手は、QOの対象外になるため、簡単に言うとFAでやや有利になる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   



関連記事

Posted on 2016/08/24 Wed. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2801-9c6f8769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド