メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0808

Aロッド現役引退を表明 ヤンキースとSPアドバイザー契約  


ヤンキースのアレックス・ロドリゲス(41)が7日(日本時間8日)に記者会見を行い、現役引退を表明した。

8月12日(同13日)、ヤンキースタジアムで行われるレイズ戦が現役最後の試合となる。

会見直前にリリースが発表され、今週金曜の試合で現役最後の出場を行い、その直後に選手としての契約を解除。新たに2017年12月31日まで有効なスペシャル・アドバイザー契約を結ぶことが明らかになった。

ロドリゲスは「私はこのチームが好きで、野球が好きだ。この2つに別れを言う時が来た。ずっと野球をし続けたかったが、それは不可能なことだ」と涙ながらに語った。

現在、現役最多の696本塁打を放っており、史上4人目の700号にあと4本に迫っている。

CpRFBJhXYAAGllL.jpg

ただ、今季はここまで打率・204、9本塁打と大不振。7月30日のレイズ戦を最後にスタメン起用はなく、ここ4試合連続で出番はなかった。

来季も年俸2100万ドル(約21億4200万円)の契約を残しており、若手中心に切り替えた現在のチームにおいて今後の起用法が話題に上がっていた。

CpRCrJFWcAUf6Gx.jpg


ロドリゲスは93年ドラフト1巡目でマリナーズに指名され、18歳だった94年7月にメジャーデビュー。通算2781試合に出場し、3144安打、696本塁打、2084打点はいずれも現役最多。

禁止薬物使用により14年には1シーズン出場停止処分を受けたが、昨季は33本塁打を放ち復活を印象付けていた。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/08/08 Mon. 06:01 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2781-4001a720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド