メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0719

J.フェルナンデスが通算500奪三振。ダルビッシュに次ぐ史上3番目の速さ  




マーリンズのエース右腕ホセ・フェルナンデスがキャリア通算500奪三振に到達した。通算65試合での達成は、1900年以降では史上3番目の速さだという。

この日のマーリンズは敵地でフィリーズと対戦。右腕は6回1/3を4安打、2四球、自己最多タイの14三振、2失点と力投。勝敗は付かなかったが、チームは11回の延長戦で勝利した。

これで、フェルナンデスは奪三振部門で、ナショナルズのマックス・シャーザーの171に次いでNL2位の168。防御率でも2.53でNL7位。WHIP1.01で6位とリーグでもトップクラスの数字をマークしている。


CnsVSv6WYAAsr7a.jpg


キューバ出身の23歳。2013年にいきなり12勝(6敗)、防御率2.53と華々しいデビューイヤーを飾ったが、翌年、トミージョン手術を受け14年(8試合4勝2敗)、15年(11試合6勝1敗)。フル稼働は、今季で実質2年目。シーズン200イニングは、まだ経験していない。

エース右腕は、非常に調子が良かったと、この日の投球を振り返り「そういう時こそ慎重にならなければいけないことがある」とコメント。

「しっかりと狙った場所に投げることだけに集中した。ベストではなかったからね。今日は初球をストライクにすることを目指したが、あまり良くは無かった」と反省の弁を述べた。

なお、500奪三振の史上最速は、メッツのグッデン(61試合)、2位はレンジャーズのダルビッシュ有(62試合)。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/07/19 Tue. 18:56 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2730-4b049fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド