メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0717

上原浩治今季5セーブ目、9回にコウジタイムが復活  



現地15日、ボストン・レッドソックスの上原浩治がオールスターブレイク明けの初戦、ヤンキース戦に登板した。

2点リードの9回に、4番手として登板。

相手の主軸4番マッキャンをフルカウントから空振り三振。
5番テシェイラを2-1からセンターフライ。
6番A.ロッドを1-2から80マイルのスプリットでファーストへのポップフライ。

1回を14球、無安打、無四球、無失点と完ぺきに抑え、今季5セーブ目。6イニングを3安打に抑えたナックルボウラー、ライトに11勝目をプレゼントした。

チームのSNSには、おなじみのコウジタイムの文字が復活した。



レッドソックスは5対3で勝利し、ブレイクをはさんで5連勝、東地区2位。

キンブレルがひざの手術、田澤が右肩の違和感で15日間のDLに入ったが、この日は、ロッキーズから緊急補強したアンダースローのジーグラーが7回、左腕ロスJr.が8回、上原浩治がクローザーとして9回のマウンドを任された。

ふり返れば今季、新体制のデーブ・ドンブロウスキー社長のもと、先発の柱としてデービット・プライスをFAで獲得。

ブルペンも昨年マリナーズで70試合に登板、防御率1.94をマークした26歳のカーソン・スミスを補強。抑えには実績十分のキンブレルを補強して投手陣を整備した。

しかし、スミスは、わずか3試合の登板で離脱し、5月24日にトミー・ジョン手術を受けた。

そして、キンブレルも離脱、田澤のDL入り。上原とジーグラーがブルペン陣の中核としてゲームをコントロールできるか。AL10位の先発陣を上原たちが支えることになる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/07/17 Sun. 05:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

« MLBトレード期限前に移籍の可能性があるプレイヤーは?  |  元DeNAのユリエスキ・グリエルが5年約50億円でアストロズと契約 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2725-29d656b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド