メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0716

Dバックス:期待されたシェルビー・ミラーが3Aに降格  

 


ダイヤモンドバックスがオプションを行使し先発右腕シェルビー・ミラーをAAAに降格した。

ミラーは、ダイヤモンドバックスの昨年オフの補強のキーマンだった。

チームは、フリーエージェントでドジャースから右のエース、ザック・グリンキーを大型契約で引き抜いた。さらに、フロントスターターとして若手のミラーに注目した。

2014年ジェイソン・ヘイワードらとの複数トレードでカージナルスからブレーブスに移籍したミラー。

前半に2完封を記録するなど5勝を挙げて初めてオールスターゲームにも選出された。 しかし、シーズンを通して打線の援護に恵まれなかった。

昨年は、33試合中21試合でクオリティスタートを記録(リーグ10位タイ)。チーム最多の205.1イニング(同8位)を投げたものの、5月23日から9月27日まで24試合連続で白星が付かないなど、両リーグ最多の17敗を記録した。

シーズン最終登板となった10月4日の試合で8回無失点と好投し、ようやく6勝目を挙げた。

ミラーは25歳と若く、2016年が年俸調停1年目で、FAまでの3シーズンをチームがコントロールできる事などから20チームが獲得に興味を示していた。

そうした中で昨年12月9日、アトランタ・ブレーブスとのトレードで、ブレーブスはミラーと1Aの投手、ダイヤモンドバックスは2015年のドラフト1巡(全体1位)指名のダンスビー・スワンソン遊撃手とエンダー・インシアーテ外野手という2対2の複数トレードが成立した。

注目されたミラーの獲得に、その年のドラ1というプロスペクトを交換に出すという捨て身ともいえるトレードが話題になった。

そして迎えた今季だったが、5月と6月に2度の故障もあって14試合に先発して69.1イニングで2勝9敗、防御率7.14と昨年のパフォーマンスを発揮することができなかった。

後半戦を前に参加のAAAリノ・エーシズ(Reno Aces)に降格を余儀なくされた。




ダイヤモンドバックスは、以前から前田健太にも強い関心を示していた。ドラ1のスワンソンというプロスペクトを放出する大きな代償を払い、前田の活躍を歯がゆい思いで見ていたに違いない。

25歳と若いミラーが、この先バウンスバックすることも考えられるが、ここまでは明暗がくっきりした結果になった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/07/16 Sat. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2722-40be72e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド