メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0628

レイズ泥沼の11連敗で一気に最下位、過去には14連敗も  




アメリカンリーグ(AL)東地区のタンパベイ・レイズが6月に入って泥沼の11連敗中。31勝43敗で地区最下位に沈んでいる。

最後に勝ったのは15日のマリナーズ戦。16日にマリナーズに敗れて、インターリーグのジャイアンツに3連敗、インディアンスに3連敗、オリオールズに4連敗。

ジャイアンツは、ナショナルリーグの西地区首位、インディアンスは中地区首位で9連勝中、オリオールズも東地区首位でレイズを喰って5連勝中と好調チームと対戦が続いたという日程的な不運もあるが、6月中旬まで5割に近い位置をキープしていたチームは、前半戦終了を前に一気に優勝争いから脱落してしまった。

33278177.jpg 
岩村明憲が在籍した08年には初の地区優勝で、初のワールドシリーズへも進出した。


打てない打線は、チーム打率、総得点などホームラン数を除くすべての部門でリーグ最低。投手部門でもリリーバーがAL12位と低迷している。

11連敗はデビルレイズ時代の1998年、07年にチーム名をレイズに変更してからは09年にも記録している。球団ワースト記録は、02年の14連敗があり、この年は106敗を記録している。

メジャーリーグ記録を調べてみるとフィリーズの23連敗(1961年)がある。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/06/28 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2681-7b917ae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド