メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0624

【DL情報】独走レンジャーズに赤信号?先発C.ルイス、D.ホランドがDL入り  




6月は16勝5敗、一気に首位独走状態のテキサス・レンジャーズ。その好調チームの先発ローテーションからダルビッシュに続いてコルビー・ルイスデレク・ホランドが故障者リスト(DL)に登録された。

現地22日、テキサス・レンジャーズの先発右腕コルビー・ルイス(36)が、広背筋の張りにより少なくとも4週間、MLB公式サイトでは8月後半までの離脱となった。

ルイスは21日のシンシナティ・レッズ戦の最中に右腕のけいれんを訴えると、この日受けたMRI検査によって背中の筋肉に張りが認められたとのこと。これにより最低でも4週間、投球することができないという。

広島東洋カープでもプレーしたルイス。36歳の右腕は、昨年33試合に先発し、チーム最多の17勝(9敗)をマーク。離脱者が相次ぐレンジャーズのローテを支えた。今季は、ここまで15試合に先発登板し6勝1敗、防御率3.21をマークしている。

先発左腕のデレク・ホランドも左肩の炎症により15日間の故障者リスト(DL)に登録。29歳のホランドは20日のボルティモア・オリオールズ戦に先発するも5回途中3失点でマウンドを後にするなど、今季はここまで14試合に先発して5勝5敗、防御率5.20と苦しんでいる。

この2人の離脱によりレンジャーズの先発ローテはコール・ハメルズ、ニック・マルティネス、マーティン・ペレスの3人になった。

6月25日の試合はA.J.グリフィンがホランドの代役を務めることが決定していて、ルイスが先発予定だった6月27日は3Aのチチ・ゴンザレスが代わりに先発する可能性が高い。

レンジャーズは、現在、ダルビッシュやルイス、ホランドを含め6人の投手がDLに登録されている。

ア・リーグ西地区は、先発ローテに故障者続出するチームが多く、まずエンゼルスに離脱が相次ぎ、股関節の手術明けで去就の決まらなかった右腕リンスカムを補強。

続いてマリナーズがエースのヘルナンデス、左腕マイリーがDL入り、ウォーカーも右足の違和感から次回の登板が微妙な状況だ。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/06/24 Fri. 12:52 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2669-7c3949d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド