メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0428

任天堂、マリナーズ株の売却を決定、24年に渡る球団筆頭オーナーの立場から外れる  

 


マリナーズは27日、過半数の株式を保有し筆頭オーナーとなっている任天堂が、10%の保有分だけ残して、地元企業グループ(17の共同オーナー)に株を売却することで先月、合意した。。



任天堂は、1992年に買収したメジャーリーグ球団シアトル・マリナーズの持ち株の一部を売却し、球団筆頭オーナーから外れることを明らかにした。売却交渉はこれから開始し、金額が確定し次第、業績予想を修正し、今期の業績通期予想に盛り込むとしている。

今回の発表は、子会社Nintendo of Americaが保有するメジャーリーグ球団シアトル・マリナーズの運営会社First Avenue Entertainment LLLPの持分の一部を売却する交渉を開始したというもの。

これを受けてシアトル・マリナーズでは球団CEOの交代を発表。First Avenue Entertainment LLLP取締役で、現シアトルマリナーズCEOのハワード・リンカーン氏は退任し、新たにジョン・スタントン氏がCEOに就任する見込み。

株式の譲渡は、8月のMLBオーナー会議での承認を経て正式決定する。

そもそもの経緯は、米国子会社が本社を置くワシントン州を本拠地とするシアトル・マリナーズが、他の地域に売却される恐れが出たため、1992年当時、代表取締役社長を務めていた山内溥氏が個人で資金を出し、筆頭オーナーとなった。

その後、2004年以降は、米国子会社のNintendo of Americaが保有していた。

今回の売却により、1992年から現在までに渡って維持してきた球団筆頭オーナーの立場から任天堂は外れることになる。

退任するリンカーン会長は「球団の株式をいずれ共同オーナーたちに渡すのが亡くなった山内社長の願いだった。マリナーズをシアトルに残すことはとても誇らしい」とコメントしている。

シアトルマリナーズは、かつてイチロー選手が所属し、現在、岩隈久志選手や、青木宣親選手が所属している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/04/28 Thu. 10:33 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2537-bebd3108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド