メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0422

イチローがシャーザー斬り!マルチヒットと塁上の脅威で勝利に貢献  




現地21日、マーリンズの1勝2敗で迎えた対ナショナルズの第4戦は、「1番ライト」で先発出場したイチローが、剛腕M.シャーザーから2安打を放つなどチームをけん引。5対1で勝利している。

シャーザーといえば昨シーズンんも6月と10月の2度、NO‐NOをマークするなど、メジャーを代表する右腕。1,400イニングス以上投げた投手の中でも奪三振率9.78は現役トップ。

イチローもここまで対シャーザーは、レギュラー&ポストシーズンで35打数7安打(打率.200)と抑え込まれていた。

Cgl2KklUkAExbEm.jpg


1番ゴードンと4番スタントンを休ませたマーリンズは、1番イチロー、4番オスーナというラインナップ。結果的には、それが功を奏したが、初回のイチロー対シャーザーのマッチアップは見応えがあった。

イチローの第1打席。逆玉になったシャーザーの2球目をセンター前に弾き返したイチローはさすがだったが、その後に塁に出た時の存在感が凄かった。

シャーザーは、イチローの“足”を警戒してセットポジションから明らかにリズムを崩していた。3番イエリッチに対する初球、2球目など警戒するあまりインターバルをとりすぎて主審からの“タイム”が2度も入った。

結局、フルカウントからイエリッチにもレフト前に合わされ、4番オスーナに3ランを左翼席に運ばれた。

シャーザーはリズムを崩し3回を終えて60球。ゴードン、スタントンの主軸を休ませたマーリンズが、相手の大エースを打ち崩した。

昨年のシャーザーは、対マーリンズパークでは防御率1.29(2勝0敗)とカモにしていたが、イチローを背中に背負う脅威がシャーザーのリズムを狂わせた。



イチローは3打席目も芸術的なレフト前ヒットをライナーで運び、この日は3打数2安打、1四球、2得点。MLB通算安打を2,942本にした。

守備でも2回に右中間への浅いフライをスライディングしながら捕球。6回にもライナー性のあたりをスライディングキャッチで好捕した。

http://mlbjapan.tumblr.com/post/143207005403/この選手が42歳のベテランだと信じられますか今日の試合イチロー選手は2度の華麗なスライディングキャ

試合は、マーリンズが6回から4投手をつなぐ継投策で逃げ切った。なお、初回にナショナルズのB.ハーパーが、マリナーズの先発T.コーラーからバックスクリーンに叩き込む第8号ソロを放っている。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/04/22 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2523-a8a252e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド