メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0316

Wソックスのラローシュ内野手が突然の引退宣言  




メジャーキャリア12年間で7球団を渡り歩いたスラッガー、アダム ラローシュ(ホワイトソックス=36歳)が現役引退の意思を固めたという。これはCBSスポーツなどの複数メディアが現地15日に報じている。

ラローシュは同日朝、所属するホワイトソックスのチームミーティングで野球から身を引くと関係者に伝えたとのこと。

突然の引退宣言に、チームメイトからは「一晩寝て考えろ」とアドバイスされたそうだが、ラローシュ本人は「この決断に自信を持っている」と話しており、その意思は固いようだ。



ナショナルズから移籍1年目の昨季は、主に指名打者として127試合に出場して打率.207、12本塁打、44打点で、打率は自己ワーストだった。

しかし、ブレーブス時代の2005年から6年連続で20本以上の本塁打を記録。シーズン30本塁打を2度(06年、12年)マークしている長距離砲の突然の離脱は、チーム編成に影響する。



ラローシュのキャリア12年間の通算成績は1605試合に出場して打率.260、255本塁打、882打点、出塁率.336、OPS.798。

2014年のシーズン終了後、ホワイトソックスと2年総額2,500万ドル(28億3,000万円)で契約したラローシュは、このままユニホームを脱ぐことになれば、今季の年俸1,300万ドル(約14億7,000万円)を失うことになる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/03/16 Wed. 11:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2456-5da8c164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド