メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0227

川﨑宗則、メジャー5年目の春。彼はリグレーフィールドに立てるのか!?  

 


シカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ川﨑宗則が自身3チーム目のスプリングトレーニングに臨んでいる。

昨シーズンのカブスはジョー マドン監督のもと、NL中地区3位ながら97勝65敗・勝率.599という高勝率で、ワイルドカードから7年ぶりのプレイオフ進出を果たした。

全米2番目の大都市シカゴがホームのカブスは、熱狂的なファンが多い。先日開催されたPGAツアーの「ペブルビーチ・プロアマ」でも俳優ビル マーレーがカブスのロゴが入ったパンツをはいて“カブス愛”をアピールしていた。

ビル マーレー

カブスファンは、日本で言えば阪神ファンといった感じだろうか。そう言えばシカゴはWindyCity(風の街)として有名。阪神タイガースのホーム、甲子園球場も(何度も通ったが)浜風や六甲おろしが吹く。

そんなカブスの目標は、ナ・リーグ制覇、そして1908年以来遠ざかっている世界一だろう。

その悲願を達成すべく、今オフは投手、内外野とも見事な補強をした。MLBの専門サイトでもストーブリーグで補強を成功させたチームとしてベスト5以内にランクインしていた。

まず、カージナルスからFAとなった投打のふたり、先発ジョン ラッキーと大物外野手ジェイソン ヘイワードを獲得。さらに昨年のワールドチャンピオンのカンザスシティ・ロイヤルズから34歳のユーティリティー選手、ベン ゾブリストも獲得した。

若手の台頭が目立つチームに欠けていた「経験値」という意味で37歳ラッキーや5月に35歳になるゾブリストの存在は大きいだろう。

FAでオリオールズと3年契約と伝えられたデクスター ファウラー外野手も急転直下、残留が決まり再契約した。

抜け目ない補強は続き、外野手として元阪神で、しかも元カブスのドラフト1位指名マット マートンとマイナー契約。内野手として川崎宗則も呼び寄せた。


川﨑、マイナー契約の厳しい立場
 だがチャンスはある


今季、カブス内野陣のレギュラー4人は、すでに決まってる。

ファーストは、若き主砲のアンソニー  リゾ。2年連続30本塁打以上を放っている左のスラッガーで、昨年のナ・リーグMVP投票では4位に食い込むなど、今後さらに活躍が期待される26歳です。

セカンドは、新加入のゾブリスト。マドン監督がタンパベイ レイズ時代から重宝してきたユーティリティーで、カブスでも攻守にわたってチームを支える存在になるだろう。


サードは、昨年のナ・リーグ新人王に満票で輝いたクリス ブライアント。球団新人記録となる26本塁打をマークするなど、スター候補の24歳です。

そしてショートは、昨年デビューしたアディソン ラッセル。こちらもブライント同様、将来のメジャーを背負う逸材の22歳です。

カブスの控え内野手争いも決して易しい状況でない。次回は、その川﨑のライバルたちをじっくり見ていきたい。



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


《リグレーフィールドにそよぐ風》川﨑宗則レポートPART2

http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-2425.html



関連記事

Posted on 2016/02/27 Sat. 14:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2423-38861e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド