メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0227

【MLB移籍情報】元楽天C.マギーがタイガース入り  





このオフにマイアミ・マーリンズからフリーエージェントとなっていた元楽天のケーシー マギー三塁手(33歳)が、デトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだことが分かった。

2013年に東北楽天ゴールデンイーグルスでプレーしたマギーは、打率.292、28本塁打、93打点をマーク。主軸の一人として球団史上初の日本一に貢献した。



翌年にはメジャー復帰を果たし、マーリンズで打率.287、4本塁打、76打点の成績を収め、ナ・リーグのカムバック賞を受賞した。

昨オフにはサンフランシスコ・ジャイアンツと年俸480万ドル(約5億4,000万円)のメジャー契約で1年契約を交わした。

ジャイアンツが、FAになったパブロ サンドバル(レッドソックス)の再契約に失敗し、その穴を埋めるという戦力補強で移籍した。青木宣親と同じチームということで注目したが、好調だった青木と違い、マギーは4月を終えた時点での成績は、打率.169、本塁打1、打点2、出塁率.222、長打率.271、OPS.493と惨たんたる数字だった。

もともとチームのスタイルやパークファクターから本塁打は期待されてなかったが、当てるだけのバッティングが目立ち4月に併殺打を8個も記録した。

結局49試合の出場で打率.213、2本塁打、11打点と低迷。7月には自由契約となり、同月に前年プレーしたマーリンズに復帰していた。



地元紙『デトロイト・ニュース』によると、タイガースのブラッド オースマス監督は、「メジャーで7年間プレーした経験を持ち、日本のチームにも所属したマギーの国際的な経験を評価した」という社交辞令的なコメントをしたというが、カムバック賞からジャイアンツに移籍した時のオーラも消えて厳しいマイナー契約となった。

24日にも紹介したが、マギーやウリーベ三塁手(36・インディアンスと契約)、ロリンズ遊撃手(37・ホワイトソックス)など、メジャーは、この時期、ベテランたちのバーゲンセールに入るが、彼らの「もうひと花」に期待したい。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/02/27 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2422-9a112f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド