メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0205

今季ブレイクしそうな若手スターターは?MLB公式サイトが5人を選出  



メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』の記事をもとに2016年シーズンにブレイクを果たしそうな投手5人をピックアップしてみた。MLBファンなら一度は聞いたことのあるプレイヤーばかりだが、その5人とは――。


ヤンキースのセベリーノは、MLBファンならご存知の方も多いとは思うが、2015年シーズンの同チーム・プロスペクトランキング1位。

ドミニカ出身の21歳で、昨年8月にメジャーデビューを飾ると、11試合の先発登板で5勝3敗、防御率2.89をマーク。

平均速度95.90マイル(約154キロ)の4シームを軸に、62回1/3を投げて56個の三振を記録するなど、本格派右腕としての片鱗を披みせた。

この数年、相次ぐ故障離脱に見舞われたヤンキースの「リハビリ先発陣」の中で、ブレイクしそうなフレッシュな人材だ。


Steven_Matz_1280_fzfs8r9p_cagqz4of.jpg 

6月28日にメジャー初昇格した24歳の左腕スティーブン・マッツは6試合で4勝(0敗)、防御率2.27。

ポストシーズンでも3試合に登板。今季のメッツ先発陣には左腕がいないだけに貴重な戦力になる。

ブル-ジェイズのストローマンは、昨年スプリングキャンプ中に左ひざのACLを切って戦列を離れたが、シーズン後半に復帰。

4試合で4勝(ERA1.67)をマーク。14年シーズンには11勝を稼いでおり、25歳になる今年は、順調に入れば一昨年以上の期待がかかる。

ホワイトソックスロドン(LHP)は23歳。14年ドラフト1巡ピックで全体でも3位というプロスペクト。15年は26試合で9勝6敗、ERA3.75とすでに結果は残している。

6dfa8c33.jpg 


レッズイグレシアス(RHP)は、キューバ・青年の島出身という変わった経歴の持ち主。国交回復前のキューバからの亡命組の一人だ。15年は16試合に先発し3勝7敗、ERA4.15だった。

4シームの平均球速は91.57でそれほど速くもないが、K/9が9.82と高い数値だけに切れの良いシンカーが持ち球の投手と言えそうだ。BB/9の2.64が向上すれば大化けする可能性もある。WHIP 1.14も悪い数値ではない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/02/05 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2366-e097d0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド