メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0116

ナショナルズ、剛腕ストラスバーグと調停回避、1年1040万ドルで合意  

 

MLB公式サイトは現地時間15日、ワシントン・ナショナルズが、スティーブン・ストラスバーグ投手との調停を回避し、年俸1040万ドル(約12億2000万円)の1年契約で合意したことを報じている。

27歳のストラスバーグは2009年MLBドラフトの1巡ピック、全体でも1位でナショナルズに入団。


昨シーズンは、5月30日に首の張りで15日間のDL入り。この離脱もあって23試合の登板に留まり、3年ぶりに規定投球回数には届かなかったが、防御率(ERA)3.46をマーク。メジャーデビューから4.00未満を継続している。

11勝(7敗)で2年連続2ケタ勝利。SO9は11.0 (デビュー以来、平均10.4) と高い数値を示す速球派。

ちなみに、オールドファンならお分かりだと思うが、あの剛腕左腕、江夏豊でも8.4だったから、ストラスバーグの凄さが分かる。

シーズン終了後には、投球時に違和感を感じていたという 背中の良性腫瘍の摘出手術を10月に受けている。

メジャー6年間(実質4年)で57勝37敗、ERA3.09、WHIP1.09、FIP2.83。2016年シーズン終了後にフリーエージェント(FA)になる。

代理人が有名なスコット・ボラス氏で、2012年には、チームが優勝争いをしているにもかかわらず160イニングスに到達した時点で契約どおり投球を回避し、チームから離脱を決めた経緯があり、年間200イニングスを超えたのが2014年(215.0回)の1回しかない。

今オフには地元紙『ボストン・グローブ』がトレードの可能性を報じていた。



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/01/16 Sat. 07:05 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2355-69abeef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド