メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1202

【MLB移籍情報】若手の注目株シェルビー・ミラーには20球団が打診!?  



先日から何度か紹介していますが、MLB移籍市場もサンクスギビングデー(感謝祭)のブラックフライデーから週明けのサイバーマンデーにかけて動き出した。毎年そうだが、来週のウィンターミーティングまでこの動きは加速していく。

昨年のウィンターミーティングでは、期間中に12件のトレードが成立し79人が移籍した。

そうした動きを前に今季の移籍市場で注目の選手10人についてMLB.comのリチャード・ジャスティスが紹介している。

その冒頭で、11月25日に紹介したアトランタ・ブレーブスのシェルビー・ミラー投手をピックアップ。

彼は、25歳と若く、2016年が年俸調停1年目で、FAまでの3シーズンをチームがコントロールできる事などから20チームが獲得に興味を示しているという。

しかし、争奪戦がヒートアップし需要過多もあってブレーブス側は、各チームからの打診に強気の要求をしているところが面白い。

たとえば、ヤンキースが獲得を打診したところルイス・セベリーノ投手を、ドジャースにはジョク・ピーダーソン外野手を要求したというニュースが報じられている。どちらも今後、チームの核として期待されているプレイヤーだ。


今季、ジェイソン・ヘイワードらとの複数トレードでカージナルスからブレーブスに移籍したミラー。前半に2完封を記録するなど5勝を挙げて初めてオールスターゲームに選出された。


しかし、シーズンを通して打線の援護に恵まれなかった。

33試合中21試合でクオリティスタートを記録(リーグ10位タイ)、チーム最多の205.1イニング(同8位)を投げたものの、5月23日から9月27日まで24試合連続で白星が付かないなど、両リーグ最多の17敗を記録した。シーズン最終登板となった10月4日の試合で8回無失点と好投し、ようやく6勝目を挙げた。


結局、移籍1年目は6勝17敗。それでもERA3.02やイニング数はメジャー4年目でキャリアハイをマークした。

このミラーの獲得に関しては可能性があるとすればアストロズやカブス、レッドソックスという名前を挙げている。その根拠が知りたいところだが、それ以上は解説していない。

その他、10人のプレイヤーが気になる方はこちら→10 stars who could be on trade market



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2015/12/02 Wed. 05:34 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2285-da607b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド