メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1012

MLB2015 メジャー日本人選手の最終成績  


今季の日本人選手の最終成績は以下のようになっている。95年の野茂英雄デビュー以来はじめて、投手も野手も「規定投球回数」や「規定打席」に達しない寂しいシーズンになった。

前後半に分けて前半は野手陣から紹介したい。

イチローマーリンズ


153試 率.229 本1 点21 盗11
得点45 出塁率.282 長打率.279 OPS.561
投手成績:1試 0勝0敗 防9.00

《MEMO》
マイアミ・マーリンズで15年目のキャリアをスタートさせた今季は、外野手4番手という位置づけだったが、ライトのスタントンの手首骨折等、主力の故障が相次ぎ、結局、野手のなかで最多出場を果たしている。

ただ、代打での出場やスタメンで4安打した次の試合で控えに回されるなど起用法も悪く、キャリア最低の打率にとどまった。

日米通算100安打以上という記録も連続21年でストップ。MLB3000本まで残り65本だが、金字塔達成は、今季のペースからするとシーズン後半にずれ込みそう。そうした事も視野に入れているのか2017年の延長契約もオプションに入っているという報道だ。


青木宣親ジャイアンツ


93試 率.287 本5 点26 盗14
得点42 出塁率.353 長打率.380 OPS.733

《MEMO》
開幕から9試合連続安打を記録するなど、ボウチー監督からの信任を得て先発争いに勝ち定位置を確保。

オールスターファン投票でも一時は外野手部門で3位だった。

残念だったのは、2度の故障離脱。6月20日のドジャース戦では右足に死球を受け、右腓骨の亀裂骨折で故障者リスト(DL)入り。7月28日に復帰したが、8月10日のカブス戦で今度はアリエッタから頭部への死球を受けた。その後、再三、コンカッション(脳震とう)に泣かされDL入りを繰り返した。

その結果、2012年のメジャー移籍後、毎年100試合以上の出場を続けてきたが、今季は93試合にとどまった。来季の契約も決まっていない状況。


最多勝投手アリエッタ(カブス)から頭部への死球。映像はコチラ
http://m.mlb.com/video/v351396883/?query=aoki
青木、6月20日の骨折シーンはコチラ
http://m.mlb.com/video/v182440683/?query=aoki


川崎宗則ブルージェイズ


23試 率.214 本0 点2 盗0
得点6 出塁率.313 長打率.286 OPS.598

《MEMO》
トロントでは、そのハッスルプレイで絶大なる人気を誇るムードメーカー。スプリングトレーニングでは3割近い好成績を残しながらも最終的にはアクティブロースター(25人枠)に残れなかった。

同じポジションには、若手のトラビス(ERA.305/OBP.361)やゴインズ(同.250/同.318)などがいるため、来季の契約も微妙。契約しても、おそらく今季同様、マイナー契約でノン・ロースター・インバイティ扱いになることが予想される。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2015/10/12 Mon. 07:32 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2213-6fc5932e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド