メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0914

田中将大がエースの意地 チームの連敗をストップ 7回無失点で12勝目  


ヤンキース田中将大は現地13日、ニューヨークで行われたブルージェイズ戦に先発し、7回108球を投げ4安打無失点、無四球、7奪三振の快投で、今季12勝目(6敗)をマークした。

AL東地区首位ブルージェイズとの首位決戦4連戦の最終戦。このエースの好投でヤンキースは5対0で勝利し連敗を5でストップした。ゲーム差も3・5に縮めて地区優勝に望みをつないだ。

田中は22試合目のマウンド。今季4度目の中4日だったが、前回がナイターだったこともあり実質は中3.5日というローテーション。

今季ブルージェイズとは開幕戦を含めて3度対戦し、1勝2敗、防御率3・32の内容。8月15日の登板では1失点完投で勝利投手になっている。

初回に2死からバティスタに二塁打を打たれるが、4番・コラベロを三振に仕留めて無失点。2回にも1死からピラーにセンター越えへエンタイトル二塁打を打たれるが、けん制でアウト(チャレンジ判定)にしてピンチを切り抜けた。

4回から6回までは1人も走者を出さず。7回に左翼のガードナーが太陽で打球を見失い二塁に走者を背負ったが、無失点で切り抜けた。



前回、8回1失点の田中を「歴史的見殺し」にしたヤンキース打線は2回、2四球とロドリゲスのセンター前ヒットで築いた無死満塁から、マリナーズから移籍のアクリー、SSグリゴリアスが犠飛を放ち2点を先制。

4回には2死一塁でアクリーがライトへ7号2ランを放ち4対0と田中を援護した。さらに8回には1死一塁でロドリゲスがレフトへタイムリー二塁打を放ち勝負を決めた。



田中に抑えられたブルージェイズは、実に7月10日以来、64試合ぶりの完封負けを喫した。

ブルージェイズの川崎は出番なし。トロウィツキー内野手が、昨日の守備でセンターと衝突。診断の結果、肩甲骨損傷(ひび)で戦線離脱が決まり、主砲のエンカーナシオンも左中指の故障で欠場した。





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2015/09/14 Mon. 06:53 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド