メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0826

プロ注目の右腕・田中正義がオコエを三球三振!高校日本代表vs大学日本代表  



日本で初開催の世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催のU‐18ベースボールワールドカップ開幕を前に、野球日本代表「侍ジャパン」U‐18代表が26日、阪神甲子園球場で侍ジャパン大学代表と壮行試合を行った。

今大会のU‐18代表には小笠原、清宮幸太郎(早稲田実業高1年)、オコエ瑠偉(関東一高3年)ら今夏の甲子園を沸かせた選手に加え、高橋純平(県岐阜商高3年)、森下暢仁(大分商高3年)ら今秋のドラフト1位候補選手が名を連ねている。

対する大学代表は、7月に行われたユニバーシアードで金メダルを獲得したメンバーが再集結。ユニバーシアード前に行われた壮行試合で、プロ野球選抜を相手に7者連続三振と圧巻の投球を見せた田中や、今秋のドラフト1位候補・上原健太(明治大4年)らと、清宮やオコエらの対決にも注目が集まる。


大学のドクターK 田中VS.高校代表(U-18)


マウンド上にはプロも注目する右腕・田中正義(創価大3年)が上がる。

【1回裏U-18代表攻撃】 
1番 オコエ(関東一高3年) 初球いきなり153キロのストレートでストライク。驚いたオコエは三塁側のベンチを見てしまう。2球目は152キロで追い込む。3球目も153キロのストレートで3球三振。オコエはバットを振れず。

2番 篠原(敦賀気比高3年) 1ボール2ストライクから4球目は154キロのストレートを打ってファウル。5球目が外角への153キロのストレートで空振り三振。

3番 平沢(仙台育英高3年) 2ボール2ストライクから153キロのストレートを打ってライト前ヒット、ライトの谷田がそらす間に平沢は一気に三塁へ。

4番 清宮(早稲田実業高1年) 2死三塁。場内からは大歓声がおこる。初球、153キロのストレートを打ってファウル。2球目、内角への151キロが抜けてボール。3球目、148キロのストレートを打ってセンター前タイムリー。

5番 伊藤(中京大中京高3年) 2死一塁。2ボール2ストライクから151キロのストレートで空振り三振。

U-18代表は4番・清宮のタイムリーで1点を返す。田中のMAXは154キロ。


【2回裏U-18代表攻撃】
6番 勝俣(東海大菅生高3年) 1ボール2ストライクから6球目は変化球で空振り三振。

7番 堀内(静岡高3年) 2ボール2ストライクから6球目は高め149キロのストレートで空振り三振。

8番 杉崎(東海大相模高3年) 1ストライクから2球目を打ってサードゴロ。 

田中は2イニングで5奪三振と格の違いを見せつける投球。

【3回裏U-18代表攻撃】

田中は3イニング目のマウンドへ。

9番 舩曳(天理高3年) 初球打ち、ショートの頭を越えるセンター前ヒット。

1番 オコエ(関東一高3年) 無死一塁。初球は変化球でボール、2球目は初めてバットを振ってファウル、3球目は外角にストレートが決まってストライク、4球目はスライダーを打ってレフト前ヒット。

ここで大学代表は投手交代。2番手には澤田圭佑(立教大3年)が登板。田中は打者10人に対して被安打4、5奪三振で降板。


■関連記事
清宮、オコエらが世界に挑戦! WBSC U-18ベースボールW杯
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-2130.html



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2015/08/26 Wed. 20:38 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2135-9e952bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド