メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0730

【MLBトレード】 スター遊撃手の電撃トレード!トゥロウィツキーとレイエス  


毎年のことですが7月31日のトレードデッドライン(ウェーバーを経由しないで行えるトレードの期限)に向けてMLBではトレードが活発化します。

ここでもお伝えしたとおり地区首位を走るロイヤルズは、レッズのエース、ジョニー・クエトとスーパーユーティリティのベン・ゾブリストを補強。

ナッツも防御率1.59のクローザー、ジョナサン・パペルボンを加えるなど、各チームともプレイオフに向けた弱点強化に余念がありません。

ナッツと東地区の優勝争いをしているニューヨーク・メッツもクローザーを補強。元ナッツのセットアッパーで、今季からアスレチックスで投げていたタイラー・クリッパードを獲得しています。

スター遊撃手の電撃トレード

とくに電撃的だったのが、オールスター5度の実績を持つコロラド・ロッキーズのスター遊撃手トロイ・トゥロウィツキーとブルージェイズのホセ・レイエス遊撃手のトレード。

ベースボールキングによればブルージェイズは、トゥロウィツキーに加えてここまで24試合に登板しているベテランリリーフのラトロイ・ホーキンスを獲得。

代償として過去に盗塁王3度のホセ・レイエス遊撃手に加えて100mphの剛速球を持つリリーフのミゲル・カストロ、エース級のポテンシャルを持つジェフ・ホフマンやヘスス・ティノコの3人のプロスペクトが放出されることが決まっています。



『CBS Sports』のジョン・ヘイマンは「ブルージェイズはレイエスの遊撃守備を懸念していた。彼らはトゥロを守備面でのアップグレードとしても考えている」とツイート。打力強化に加え、ここ3年の守備防御点が-29と守備で足を引っ張っていたレイエスから好守のトゥロウィツキーにショートが変わるメリットを強調している。

トゥロウィツキーは今季ここまで打率.300、本塁打12本、53打点を記録。今月行われたオールスターゲームにも故障者の代役として出場した。その打棒は現役の遊撃手でも特出しており昨年は91試合の出場ながら打率.340をマークしています。

攻守に確かな実力を誇るトゥロウィツキーだが、彼の唯一の欠点が故障の多さ。140試合以上出場したのはメジャー定着後の8年間で3回だけ。過去3年間は平均88試合の出場に留まっています。

移籍するブルージェイズの本拠地ロジャース・センターは体への負担が大きい人工芝。これによる故障リスクの増加、2016年以降に5年9400万ドルの大型契約を残していることなど、補強ポイントとしての適否を除いても懸念材料は大きいという意見もある。

ブルージェイズが、今回のトレードで多くの有望株を放出してしまったことも投手補強が必須なチーム編成上、大きなダメージになるかもしれません。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2015/07/30 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2094-05f4e81d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド