メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0708

岩隈の復帰マウンド 自己ワーストの4被弾含む5失点  



マリナーズの岩隈久志投手は6日、シアトルでのタイガース戦に先発。4月20日のアストロズ戦以来77日ぶりの登板は、メジャーで自己最多となる4本の本塁打を浴びるなどして、6回途中、8安打5失点で降板。

一度は味方に逆転をしてもらったもののリードを守れず、今季初白星はならなかった。

初回を3者凡退で抑え無難なスタート切った岩隈でしたが、2回2死からカステラノスにはスライダーが甘く入り、左越えソロ本塁打を浴び、先制点を許す。

スライダーをスタンドまで運ばれてしまう岩隈の乱調パターン。

3回は3者凡退。

4回にはV・マルティネスに内角低めへのスライダーをレフトスタンドへ運ばれて2点目を失う。さらに、続くJ・マルティネスには甘く入ったスライダーをセンターオーバーの連続被弾。

5回にマリナーズはモリソンの3点本塁打で逆転し岩隈をサポートしたが、直後の6回に先頭のセスペデスにセンターへのソロを浴びる。岩隈は、この日4本目のソロ本塁打を打たれ、さらに安打を許し、降板した。

68球を投げてストライクは47球。ストライク率は約69%。0勝1敗で防御率7.17となった。

MLB公式サイトのマリナーズ担当、グレッグ・ジョンズ記者はツイッターで「今夜4本のソロ本塁打を打たれ、岩隈は今季21回1/3で9本塁打を打たれている。昨年は179イニングで20本だった」とレポートしている。

昨年の被本塁打は1イニングあたり約0・11本だった岩隈だが、今季は1イニングあたり約0・42と約4倍に激増しており、地元メディアも“一発病”を危惧する声を上げている。防御率は7.17。今季の岩隈の苦しみが、数字に表れている。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2015/07/08 Wed. 07:47 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2068-181565c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド