メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0606

和田、痛い5失点炎上!ナッツの下位打線につかまる  

 
カブスの和田毅は現地5日、敵地でのナショナルズ戦に今季4度目の先発登板。4回までに9安打を許し5失点。今季初黒星がつきました。

この日の和田は、球数62球、3回2/3を投げ、3ランを含む9安打と打ち込まれ、防御率も4点台(4.19)に下げました。

和田は先頭打者を出してしまう悪いパターン。0-0で迎えた2回、先頭の5番ラモスにつまり気味のライト前ヒットを許すと、続くデズモンドにはレフトへの痛烈な二塁打を打たれ二、三塁。7番エスピノザに甘くなった4シームを叩かれレフトスタンドに運ばれた。

このホームランは、カーブ、カーブと2球投げて4シームを3球続けた5球目を狙われました。結果論ですが、単調な配給では、下位打線でも狙われます。

慣れないアウェイでのマウンドでしたが、各打者をストライク先行で追い込んでいただけに悔やまれる配給が多かったですね。球数制限があるために2ストライクをとって3球勝負にいっているシーンでヒットを許すなど、球数と配給のバランスが難しいところです。

3回も先頭打者から連打を浴びましたが、ここはナショナルズの拙攻と味方のファインプレイに助けられ無失点。

しかし、1-3の2点ビハインドで迎えた4回、またも先頭打者を出すと、3ランを打たれているエスピノザに今度は80マイルのチェンジアップを捉えられ二塁打。無死二、三塁のピンチ。

和田にとっては踏ん張りどころでしたが、続く8番テイラーに犠牲フライを打たれ1-4。

さらに一死一、三塁から、1番スパンにもセンター前へ弾き返され、5失点目を献上。次打者を内野ゴロに打ち取りましたが、3番ハーパーを敬遠で歩かせ二死満塁としたところで降板しました。

結局4イニングで、先頭打者をアウトに取ったのは最初の1回だけ。それとゴロアウトが1つで、他はすべて三振かフライアウトという投球内容でした。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



 
関連記事

Posted on 2015/06/06 Sat. 15:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/2023-0533809e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド