メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0416

「ボストン ストロング」4月15日を忘れない!  


2013年4月15日に起きたボストン・マラソンでの爆破事件から2年あまり。その年に地元のレッドソックスがホームのフェンウェイパークで世界一を決めた。感動的なシーンだった。

その最後のマウンドに立ったのは、上原浩治。左翼席フェンス「グリーンモンスター」には、「B」の文字とその下にある「STRONG」の言葉が円で囲われたロゴマークがあった。

「BOSTON STRONG」

あの忌まわしい「4・15ボストンマラソン・テロ事件」以降、ボストン市民自体が「BOSTON STRONG」を合言葉にして戦った。

「ボストン・ストロング」(ボストンよ、強くあれ、といった意味か)について、「スローガンから、ほとんどライフスタイルになった」と選手が語っているコメントを読んだ。

ふり返ってみれば、日本でも監督をしたボビー・バレンタインが指揮を執った2012年は、ア・リーグ東地区で最下位に沈んだレッドソックス。

その翌年、ニューイングランド地方の春を寿ぐ「愛国者の日」(ペイトリオッツデイ)に起こったあの事件。

4月15日、ボストンでレイズに勝った選手たちは、クリーブランド遠征のため空港へ向かうバスの車中、特別なシーズンになる予感を抱いたという。

その後、惨事のニュースが全米に広がり、「ボストンストロング」を合言葉にボストン市民とレッドソックスは戦った。そして10月30日、ついにワールドチャンピオンとなりボストン市民を勇気づけた。

この間、レッドソックスは「4・15」の被害者を忘れないために、ボストンの地域局番にちなんで「617 BOSTON STRONG」の文字が入ったジャージーをダッグアウトに掲げた。メディアもそれを映した。


ボストンストロング 

遠征から帰って迎えたフェンウェイ・パークでは選手たちが整列して犠牲者に追悼の意を示し、その後、プレイオフのレイズ戦でも同じような光景が見られた。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2015/04/16 Thu. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1931-6168c7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド