メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0403

米キューバ国交正常化でメジャー移籍か…グリエル来日拒否問題  



DeNAは2日、右太腿裏痛を理由にキューバにとどまり来日のメドが立っていないユリエスキ・グリエル内野手(30)の契約を解除しました。

これを受けてMLBの複数球団がグリエル獲得に向けて水面下の交渉が始まるものと見られます。

ここでも何度か書きましたが、アメリカ政府は昨年12月、バラク・オバマ大統領がキューバ政府と国交正常化する方針を表明、長く続いた冷戦関係に雪解けムードが訪れていました。この4月には、さらに進展があるという話もあります。

メジャーリーグ機構(MLB)は2月3日、キューバ国外で永住権を持つキューバ出身選手との契約に関して、政府の許可を得ずとも球団に所属させても良いとする返答があった事を各球団に通達し、メジャーリーグ公式サイトにも掲載しました。

これまでのように亡命者扱いで、肩身の狭い思いをせずに堂々とアメリカで契約できるようになりました。



先日もキューバの19歳の新人がレッドソックスと約38億円の新人契約をして話題になりました。 (上のtwitterのモンカダ選手)


昨年は、開幕ロースターに19人のキューバ出身選手


以前にも紹介しましたが、2012年のヨエニス・セスペデス、2013年ヤシエル・プイーグ、2014年ホセ・アブレイユとキューバ人打者の大活躍がブームに火をつけています。

昨シーズン、19人のキューバ選手が開幕ロースター(故障者リスト入りを含む)に名を連ねました。米国出身以外ではドミニカ共和国の82人、ベネズエラの59人に次いで3番目に多い数字です。

オールスターも印象的でした。ヤシエル・プイーグ(ドジャース)、ヨエニス・セスペデス(アスレチックス)、ホセ・アブレイユ、アレクセイ・ラミレス(ともにホワイトソックス)、アロルディス・チャップマン(レッズ)の5人が登場しました。

この流れは、さっそく日本にも影響し、その第1号が、今回のグリエルといえそうです。上のような米キューバ両国間の外交問題と10億円近いといわれる年俸を棒に振ってまで、遠く離れた日本でプレイしたいと思わなかったのでしょう。

堂々と国が認めてくれるなら日本よりはるかに高待遇で、しかも仲間の多いMLBでプレイしたいと思うのがふつうです。米キューバの国交正常化が進展すれば、次に想像されるのが、キューバのトップ選手がMLBに流れてNPB(日本プロ野球機構)でプレイするキューバ人選手の質の低下、場合によってはゼロになるということが十分考えられます。 


◆ユリエスキ・グリエル 1984年6月9日、キューバ生まれの30歳。走攻守そろった内野手として02年にキューバ代表入りし、以降ほぼ全ての国際大会に出場。04年アテネ五輪金メダル、06年WBCは二塁手でベストナインを獲得した。父ルルデス氏も同代表として92年バルセロナ五輪金メダル。昨年6月にDeNA入団。62試合で打率・305、11本塁打、30打点の成績を残した。183センチ、89キロ。右投げ右打ち。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2015/04/03 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1902-5f71e7ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド