メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0323

ヤンキースの「キャプテンズ・キャンプ」と松井秀喜氏の巡回コーチ就任  



ヤンキースGM特別アドバイザー就任が決まった松井秀喜氏。各メディアが取り上げていましたが。メジャーでもニューヨーク・ヤンキースが今年から、メジャー昇格前のプロスペクトと呼ばれる若手有望株の中で選りすぐりの選手を集めた英才教育を始めたことが話題になっています。



「キャプテンズ・キャンプ」と名付けられたその若手英才教育プログラムには、あの加藤豪将内野手を含む15人が選ばれました。

加藤は米国カリフォルニア州生まれですが日本人の両親を持ち、2013年のドラフト2巡目(全体66番目)でヤンキースに入団。現在20歳。ポジションは、ショート、セカンドです。15人は、今年1月半ばから6週間の「キャプテンズ・キャンプ」プログラムに参加しました。

同プログラムには、ゲストとして“キャプテン”ことデレク・ジーター氏がサプライズで参加し、「メジャーにまで登り詰めるにはどうすればいいか」、「メジャーに昇格してからそこに留まる方法は」、「ニューヨークでプレーするということのプレッシャーとはいかなるもので、その乗り越え方とは」など、レジェンドから直々に帝王学を学んだという。

この「キャプテンズ・キャンプ」のプログラムを考案したのは、ヤンキースのゲーリー・デンポ編成担当副社長ということですが、このデンポ氏が若手育成の目玉として球団OBである松井秀喜氏を傘下マイナーチームを巡回して打撃指導を行うGM特別アドバイザーとして招聘しました。

元日本ハム打撃コーチのデンポ氏は、松井氏を招聘した理由として「打撃アプローチに関していえば、マツイほど細かいことにまで気を配る選手はいない。大抵の選手が打撃ケージでティーを打つと5分か10分で終えるが、彼は30分は打つからね」と話しています。

若手が松井氏から、バッティング技術の指導を受けると同時に、全く違う環境の中で苦労しながらチームに溶け込み日本人メジャーリーガーとして成功した忍耐力や人格、野球への真摯な取り組み方などを学ぶことを期待している様だ。 


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 



関連記事

Posted on 2015/03/23 Mon. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1867-5a230f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド