メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0222

上原、田澤のレッドソックス 今季のアクティブロースターは?  

 

メジャーリーグで上原と田澤の所属するレッドソックスは21日、ファレル監督との契約を2017年まで2年延長したと発表しました。報道では、18年は球団に選択権があるということです。  

ファレル監督は13年から指揮を執り、就任1年目でチームを6年ぶりのワールドシリーズ制覇に導きました。(しかし、昨季は71勝91敗でア・リーグ東地区の最下位でした。 )



このオフFAの目玉選手だった“パンダ”ことパブロ・サンドバル(前ジャイアンツ)、長距離砲ハンリー・ラミレス(前ドジャース)両内野手を獲得したボストン・レッドソックス

ヒッターズパーク(打者天国)といわれているフェンウェイパークで上原・田澤両投手の援護射撃を期待しています。

しかし、かつてのエース、FAとなっていた左腕ジョン・レスター投手(前アスレチックス)の獲得には失敗。昨季15勝をマークしたリック・ポーセロ(前タイガース)、2012年に16勝を挙げたウェード・マイリー投手をトレードで補強し、投手力のアップにはなりましたが、核となるエースがいないのが気になります。

2013年にワールドチャンピオンになった時もスターターの数字は悪く、それを上原、田澤のブルペンと打線でカバーして頂点に登りつめました。あの時はボストンマラソンで悲惨な事件が起こり「ボストンストロング」を合言葉に戦った年です。


  • FA:上原浩治(39歳・RP) 2年1800万ドルで再契約
  • FA:ハンリー・ラミレス(31歳・OF) 4年8800万ドル
  • FA:パブロ・サンドバル(28歳・3B) 5年9500万ドル
  • トレード:リック・ポーセロ(26歳・SP) タイガースから
  • トレード:ウェイド・マイリー(28歳・SP) Dバックスから
  • トレード:ライアン・ハニガン(34歳・C) パドレスから
  • FA:ジャスティン・マスターソン(29歳・SP) 1年950万ドル
  • FA:クレイグ・ブレスロウ(34歳・RP) 1年200万ドルで再契約
  • トレード:ジーク・スプライル(25歳・RP) Dバックスから
そして、FA:田澤純一も1年200万ドルで再契約しています。

1月後半にはレンジャーズとの間でトレード。レンジャーズはアンソニー・ラナウド投手、レッドソックスはロビー・ロス投手を獲得しています。ロスは左腕の中継ぎです。


2015年に予想されるレッドソックスの
投手陣は以下が予想されます。


  1. リック・ポーセロ→204.2回、防御率3.43、15勝13敗、WHIP1.23
  2. ウェイド・マイリー→201.1回、防御率4.34、8勝12敗、WHIP1.40
  3. クレイ・バックホルツ→28試合170.1回、防御率5.34、8勝11敗、WHIP1.39
  4. ジョー・ケリー→17試合96.1回、防御率4.20、6勝4敗、WHIP1.35
  5. ジャスティン・マスターソン→28試合128.2回、防御率5.88、7勝9敗、WHIP1.63

不動のエースがいないため順番は流動的ですが、おそらく、この5人プラス1人が先発ローテの候補です。

ブルペンは上原、その前に田澤。左腕ブレスロウが確定的。ほかは、クローザーもできるムヒカ。トレードのロスが左のワンポイント要員かも知れません。

その他では、オガンドですが、11年の13勝投手なので調子がよければ、先発またはロングリリーフ要員として期待できそうです。しかし、ロスもオガンドもレンジャーズの昨年は、スタッツを落としています。





打線は、故障がない限りは下記のオーダーが予想されます。


  1. (RF/CF) ムーキー・ベッツ(右)
  2. (2B) ダスティン・ペドロイア(右)
  3. (DH) デビッド・オルティーズ(左)
  4. (LF) ハンリー・ラミレス(右)
  5. (3B) パブロ・サンドバル(両)
  6. (1B) マイク・ナポリ(右)
  7. (SS) イグザンダー・ボガーツ(右)
  8. (CF/RF) ルスネイ・カスティーヨ(右)
  9. (C) クリスチャン・バスケス

オルティーズの3番は、確定的。1イニング目に彼に打順を回したい考えがファレル監督にはあるようです。ペドロイアも2番が気に入っているみたいで、2番以降のジグザグ打線を考えた場合に上のようになります。

サンドバルは、スイッチヒッターですが、右打席で左投手に対した場合に打率.199と極端に落ちるのでラミレスとナポリの間に入れて左打席で使うと彼の持ち味が生かせます。

問題は、1番バッターですね。ムーキー・ベッツとブロック・ホルトが1番打者の候補ですが、ホルトは、捕手以外は、どこでも守れるユーティリティーで、ロースターに残りそうです。ほかにカスティーヨあたりも面白そうです。

控えの捕手は、ベテランのハニガンで決まりなので、これで上の9人とホルト、ハニガンで11人。昨年も野手は13人でしたので、残りの2枠を下の内野手、外野手で争います。厳しい競争です。毎週、毎週、ロッカーが空いていく・・・。競争社会のプロスポーツの現実です。




http://www.tsp21.com/jpgif/pblue.gif) rgb(0, 64, 240);">選手
投手
11 クレイ・バックホルツ
19 上原浩治
20 ウェイド・マイリー
22 リック・ポルセロ
23 アレクシ・オガンド
28 ロビー・ロス
32 クレイグ・ブレスロウ
36 田沢純一
37 ヒース・ヘムブリー
46 アンソニー・バルバロ
51 エドウィン・エスコバル
54 エドワード・ムヒカ
56 ジョー・ケリー
59 トミー・レイン
62 ジーク・スプルイル
63 ジャスティン・マスターソン
65 スティーヴン・ライト
67 ブランドン・ワークマン
68 マット・バーンズ
79 エデュアルド・ロドリゲス
捕手
7 クリスチャン・ヴァスケス
10 ライアン・ハニガン
71 ブレイク・スウィハート
内野手
2 ザンダー・ボガーツ
12 マイク・ナポリ
15 ダスティン・ペドロイア
26 ブロック・ホルト
48 パブロ・サンドヴァル
50 ムーキー・ベッツ
70 ガリン・セッチーニ
77 トラヴィス・ショー
80 ショーン・コイル
外野手
5 アレン・クレイグ
13 ハンリー・ラミレス
18 シェイン・ヴィクトリノ
25 ジャッキー・ブラッドリー Jr.
29 ダニエル・ナヴァ
38 ラスニー・カスティーヨ
73 ブライス・ブレンツ
指名打者
34 デヴィド・オルティーズ
キャンプ招待選手
75 ミギュエル・セレスティーノ
76 ヘンリー・オーエンズ
78 ノエ・ラミレス
94 ダリエル・ヒノジャサ
-- ミッチェル・ボッグス
-- ブライアン・ジョンソン
-- キース・カウチ
-- フェリペ・パウリノ
-- デイナ・イヴランド
-- ルーク・モンツ
-- ウンベルト・キンテロ
-- マット・スプリング
-- ジェフ・ビアンチ
-- ブライアン・ラヘア
-- デブン・マレロ
-- ジェマイル・ウィークス
-- クインティン・ベリー





ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2015/02/22 Sun. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

« Rソックス Here we go! 野村前監督も臨時コーチで参加  |  広島がアツい!広島発の映画『ラジオの恋』主題歌は矢沢永吉! »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1818-7fae2db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド