メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0211

「次世代のエース候補ランキング」田中将は2位!  

 

ヤンキースの田中将大投手(26)が10日、米フロリダ州で行われるキャンプに向け成田空港を出発しました。ということで田中将大についてのニュースを紹介します。

メジャーでは、スプリングトレーニング前にシーズンを予想した様々な専門機関のランキングが細かいデーターを分析して公表されます。

米スポーツ専門サイトの『Bleacher Report』が、独自の分析を元に『次世代のエース候補トップ10』を発表。その中で田中将大が2位に選ばれています。

同サイトは、

  1. “今季エースとなるために十分な登板機会を得ることができる”
  2. “今までにサイ・ヤング賞の投票で10位以内に入ったことがない”
  3. “メジャーリーグで5年以上の経験がない”

という3つの条件に当てはまる投手のみを候補とし、ランクを付けた。

そして、田中はこのランキングで2位に格付けされている。

同サイトの田中への評価は、得意球のスプリッターは格別で、それを武器にエースとなるだけではなく、メジャーを代表する投手の一人になれると太鼓判を押している。

しかし、昨シーズンに離脱の原因となった右ひじの負傷にも触れ、メジャー2年目の今季は1年を通して登板できるかは、不透明だとしている。この部分は専門サイトの分析を待たなくても、誰もが気になるところですね。

田中将大の最大のウィークポイントは、肘への負担(不安)。ダルビッシュが昨シーズン提案したような中5日制の登板間隔がマストかもしれません。

1位に輝いたのは、ピッツバーグ・パイレーツのゲリット・コール。メジャー通算2年間で防御率3.45という数字は驚くほど良い数字ではないと前置きしながらも、運や野手の守備力が影響しない数値のみで算出し、投手の実力を表す指標とされる「FIP」では、ここ2年間で250イニング以上を投げた投手の中で、14番目に良いことを指摘。将来性を高く評価し、あとはシーズンを通して結果を残すだけだとしている。

なお、3位にはロサンゼルス・エンゼルスのギャレット・リチャーズ、4位にはアトランタ・ブレーブスのフリオ・テヘランが選出。

また、昨年のポストシーズンでも活躍したカンザスシティ・ロイヤルズのヨーダノ・ベンチュラは6位、昨季ナ・リーグの新人王に輝いたニューヨーク・メッツのジェイコブ・デグロームは8位にランクインしています。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






関連記事

Posted on 2015/02/11 Wed. 06:03 [edit]

CM: 0
TB: --

« 田中、ダルビッシュを開幕投手に予想!スポーツ専門サイト  |  ジョン・レスターを軸にシカゴ・カブス。 台風の目になるか!? »

コメント
コメントの投稿
Secret

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド