メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0210

ジェームズ・シールズが地元のパドレスと合意。ナ・リーグ西地区の2強を脅かす布陣に  

 

2015年FA市場のビッグ3といわれていた右腕ジェームズ・シールズが 、自宅のあるサンディエゴがホームのパドレスと契約に合意しました。




契約の規模は4年7200から7600万(85億-92億円)程度と伝えられ、正式契約はフィジカルチェックの結果待ちだということです。

ここでも以前にお伝えしたとおりシールズは、自宅のある西海岸の移籍を強く希望していました。しかし、高額の為、一度はオファーの金額を提示したといわれていたサンフランシスコ・ジャイアンツなどは合意に至りませんでした。

この金額は、当初伝えられた4年1億ドルという内容から比べれば低く、シールズはホームタウンディスカウントを受け入れたものと思われます。

新GMの就任で、リーグ最低の打線をテコ入れし、マット・ケンプ、ウィル・マイヤーズなどの獲得という、例年に無く精力的なストーブリーグを展開したパドレスですが、打線と共にピッチングスタッフの補強にも成功したカタチです。



パドレス 



予想されるパドレスの先発ローテーションは以下のとおりとなっています。

  1. ジェームズ・シールズ  (防御率3.21/FIP3.59/WHIP1.18)
  2. アンドリュー・キャッシュナー  (防御率2.55/FIP3.09/WHI1.13)
  3. タイソン・ロス  (防御率2.81/FIP3.24/WHIP1.21)
  4. イアン・ケネディ  (防御率3.63/FIP3.21/WHIP1.289)

前回も書きましたが、投手力は中位のパドレスが、キャッシュナーとケネディの前にスターターの軸を置く布陣になりました。

先発5番手あたりには、復活が期待されるジョシュ・ジョンソンとブランドン・モローのベテラン2人に、若いオドリサメル・デスパイネ、ロビー・アーリンが争うことになりそうだ、ということです。


《ジェームズ・シールズ》

◆2014年シーズン
227.0イニング、防御率3.21、14勝8敗、奪三振180、WHIP1.18、FIP3.59

パドレス本拠地のペトコパーク自体はMLBでも3本の指に入る投手有利の球場。シールズはレイズ時代のア・リーグ東地区からロイヤルズが所属の中地区に変わって成績がアップしています。東地区はヤンキースタジアムやフェンウェイパークなど打者有利の球場が影響しているという分析もあり、ペトコパークというのもシールズにとって契約合意の要因になったかもしれません。



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2015/02/10 Tue. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1793-04d0d822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド