メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0205

イチロー「一塁コンバート説」その2 マーリンズは一塁手が補強ポイントだった  

 


イチロー 一塁コンバート説 その2 



イチローが一塁へコンバート計画 その1 (つづきから)

マイアミの地元メディアでも報じられ、奇想天外と思われていた仰天プランですが、実現する可能性は十分にあるらしい。


一塁手が補強ポイントだったマーリンズ


2014年のマーリンズは一塁手をギャレット・ジョーンズが務めて打率.246、本塁打15本でした。

しかし、左投手に対して打率.221、出塁率.274、長打率.265と弱く、守備では規定試合数に達した1塁手としては最多の13失策で、守備率.988は18名中最下位になるなど、攻守の両面で問題を抱えていました。


そのためマーリンズは一塁手が補強ポイントで、レッドソックスのアレン・クレイグをトレードで獲得する可能性があるとも見られていました。


しかし、サンフランシスコ・ジャイアンツからFAのマイケル・モースを獲得。補強ポイントであった一塁手の獲得に成功しました。


そのモースですが、キャリア10年間で

  • 2011年の143試合が最高で、
  • 2012年102試合
  • 2013年88試合
  • 2014年131試合

昨年も終盤に故障しています。


というこということを考えると、モースのバックアップで試合の終盤にイチローが、一塁を守るという併用プランは十分に考えられます。そうなれば4番手の外野手としての打席数プラス100打席ぐらいを手にする計算もできます。


「彼は勝ちたがっている。我々のチームが保有しているタレントについても認識している。その一方で、選手が162試合に出場するわけではないことも理解している。それでも、彼は純粋にチームの勝利に貢献したいと話していた。どんな形でもね」とマーリンズの強化担当責任者は語っています。

まぁ、シーズン前の話題づくりもあるでしょうが、イチローがファーストミットを用意するのか注目ですね。


《予想される2015年のマーリンズ打線》
  1. ディー・ゴードン(2B): 率.289/出塁率.326/盗塁64
  2. クリスチャン・イエリッチ(LF): 率.284/点54/出塁.362/盗塁21
  3. ジャンカルロ・スタントン(RF): 率.288/本37/点105/長打.555
  4. マイケル・モース(1B): 率.279/本16/点61/長打.475
  5. ケーシー・マギー(3B): 率.287/本4/点76/長打.357
  6. マーセル・オズナ: 率.269/本23/点85/長打.455
  7. ジャロッド・サルタラマッキア(C): 率.220/本11/点44/出塁.320
  8. アデイニー・エチェバリア(SS): 率.276/点34/出塁.308/盗塁7
  9. 投手



もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら
1クリック応援して下さると励みになります。


関連記事

Posted on 2015/02/05 Thu. 22:10 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1787-22e71fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド