メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0215

【MLB】オフに戦力アップしたチームTOP5 MLB公式サイト  

 

メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が、2014年シーズンのオフに最も戦力をアップさせたチームTOP5を紹介しています。


【1位 パドレス】

1位は、このブログでも何度か紹介しましたが新GMが就任したサンディエゴ・パドレス。一時は、イチローや青木、投手では黒田の名前も挙がっていました。

昨季は、メジャー全体で最下位のチーム打率(.226)でしたが、今オフは、かつての二冠王マット・ケンプ外野手(前ドジャース)をトレードで獲得。

blog_import_54ca88de83528.jpg

ケンプの他にも、2013年のア・リーグ新人王に輝いたウィル・マイヤーズ(前レイズ)、キャリア8年間で通算164本塁打を記録しているジャスティン・アップトン(前ブレーブス)両外野手らを加え、中軸3人が揃い、課題の得点力強化の補強に成功しています。 外野手以外にもレッドソックスからウィル・ミドルブルックス三塁手をトレードで獲得しています。

さらに、投手陣では、スターターの軸としてジェームズ・シールズが加わりました。同地区の2強ジャイアンツとドジャースの追走体制ができあがりました。

予想されるパドレスの先発ローテーションは下記ですが、5人目は流動的です。
  1. ジェームズ・シールズ (防御率3.21/FIP3.59/WHIP1.18)
  2. アンドリュー・キャッシュナー (防御率2.55/FIP3.09/WHI1.13)
  3. イアン・ケネディ (防御率3.63/FIP3.21/WHIP1.289)
  4. タイソン・ロス (防御率2.81/FIP3.24/WHIP1.21)
  5. ブランドン・モロー、ジョシュ・ジョンソン、ロビー・アーリン


【2位 レッドソックス】

2位には、このオフFAの目玉選手だった“パンダ”パブロ・サンドバル(前ジャイアンツ)、ハンリー・ラミレス(前ドジャース)両内野手を獲得したボストン・レッドソックスが選出。ヒッターズパーク(打者天国)といわれているフェンウェイパークで上原・田澤両投手の援護射撃を期待しています。

しかし、かつてのエース、FAとなっていた左腕ジョン・レスター投手(前アスレチックス)の獲得には失敗。昨季15勝をマークしたリック・ポーセロ(前タイガース)、2012年に16勝を挙げたウェード・マイリー投手をトレードで補強し、投手力のアップにはなりましたが、核となるエース格がいないのが気になります。

2013年にワールドチャンピオンになった時もスターターの数字は悪く、それを上原、田澤のブルペンと打線でカバーして頂点に登りつめました。あの時はボストンマラソンで悲惨な事件が起こり「ボストンストロング」を合言葉に戦った年です。


  • FA:上原浩治(39歳・RP) 2年1800万ドルで再契約
  • FA:ハンリー・ラミレス(31歳・OF) 4年8800万ドル
  • FA:パブロ・サンドバル(28歳・3B) 5年9500万ドル
  • トレード:リック・ポーセロ(26歳・SP) タイガースから
  • トレード:ウェイド・マイリー(28歳・SP) Dバックスから
  • トレード:ライアン・ハニガン(34歳・C) パドレスから
  • FA:ジャスティン・マスターソン(29歳・SP) 1年950万ドル
  • FA:クレイグ・ブレスロウ(34歳・RP) 1年200万ドルで再契約
  • トレード:ジーク・スプライル(25歳・RP) Dバックスから
忘れていました、FA:田澤純一も1年200万ドルで再契約しています。



【3位 ホワイトソックス】

3位は先発右腕のジェフ・サマージャや、メルキー・カブレラ外野手らを獲得するなど、バランスのよい補強に成功したシカゴ・ホワイトソックス。



4位はイチロー外野手以外にも、実績のある選手を多く補強したマイアミ・マーリンズ。スタントンなどの若手とイチローを含めた外野陣だけなら、メジャー最強との評価もあります。



5位はレスター、球宴捕手のミゲル・モンテロらを獲得したシカゴ・カブスが選ばれています。和田毅が、先発4番手あたりを担うものと期待されています。


※岩隈のマリナーズも積極的な補強して打線が充実しています。それは、次回で・・・




ブログランキング・にほんブログ村へ
↑もし当ブログがお役に立つ事が出来ましたら
1クリック応援して下さると励みになります。




※2月4日の記事を追加して再ポストしたものです。
関連記事

Posted on 2015/02/15 Sun. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド