メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1222

野球が彼らの希望になった!バンクーバー朝日軍、その栄光の軌跡  


差別や貧困と戦いながら、
海を渡った日本人とその子孫に
勇気と誇りと希望を
与えた野球チームがあった




逆境を乗り越えたカナダ日系移民の

「サムライ・ベースボールチーム」が存在した!



今から100年前、海を渡り、差別と貧困に喘いだ日系人に、希望と誇りをもたらし、カナダ最強といわれるまでになったサムライ野球チームの物語である。


フェアプレーに徹し、洗練されたプレーと白熱したゲームが白人ファンの心をつかみ、やがて人々から熱狂的に迎えられた。


しかし、太平洋戦争によって選手たちは「敵性外国人」となり、強制移住させられてチームは解散を余儀なくされる。


それから60星霜――。

2002年5月15日、カナダのトロント。
地元ブルージェイズがシアトル・マリナーズを迎えたゲームで、イチローや佐々木、長谷川選手が見守るなか、マウンドに颯爽と登場したのは東洋人と思われる5人の老人。


彼らがボールを投げると観客は一斉に湧き、球場はスタンディングオベーションに包まれた。


彼らこそ戦前バンクーバーに実在した伝説の日本人野球チーム「バンクーバー朝日軍」の選手たちだった。


その栄光の記録と不滅の光彩によって2003年にカナダの移民社会、野球文化への功績が認められ、カナダ野球殿堂入りを果たしている。


テレビのドキュメンタリー番組「NONFIX」でも2010年3月に「僕たちには野球があった。伝説のバンクーバー朝日軍」というタイトルで紹介されました。



平均155センチの小さな朝日軍の中で、ひときわ目立つ大柄の少年。バンクーバー生まれのテディ・フルモトさんは身長170センチの恵まれた体格で、運動センスは群を抜いていた。


やがてフルモトさんは初代のエースに。そのテディ・フルモトさんのご子息は神奈川県逗子市に在住でバンクーバー朝日軍の本を出版されています。

1935年5月24日、結成直後の東京ジャイアンツが北米遠征した際に、朝日軍と対戦しています。


バンクーバー朝日軍VS東京ジャイアンツ。結果は、沢村投手らの東京ジャイアンツが朝日軍に勝利したということです。


この朝日軍を題材にした「バンクーバーの朝日」が全国公開しました。


この作品に続いて、2015年の1月17日からは、元高校球児たちが再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」を題材に描いた『アゲイン 28年目の甲子園』が公開される。


また1月24日からは、日本統治時代の台湾から甲子園の全国中等学校優勝野球大会に出場した嘉義農林学校野球部を描いた映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』が全国ロードショーされます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/12/22 Mon. 23:59 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 【MLB】シーズンオフにFAとなった先発投手の移籍・契約情報  |  【MLB】米情報サイト、青木宣親外野手の移籍先にオリオールズとレッズ »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1636-99c10121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド