メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0501

レッドソックス田澤純一 フェンウェイパークに今年も流れた『もぐらの唄』   





田澤純一 崖っぷち人生に拍手!


今季もメジャーで屈指の熱いファンを抱える
レッドソックスのブルペンを支えた
RHP純一

フェンウェイパークのマウンドに田澤純一が上がるたびに、登場曲『もぐらの唄』(EXPRESS)が流れる。レゲエ調のリズムが耳に心地良く、ボストンの地元で問い合わせが殺到したという。



「登場曲を決めるように言われて、日本語の歌がいいなと思って色々探したんです。偶然見つけて、歌詞が気に入って。こんな風になれたら、いいなぁと思って選びました」と田澤。




その内容は、まるで、彼の波瀾万丈の野球人生、そのものみたいな歌だ。


♪やりたい事やりたいように 燃えてんだ 
まるで太陽のように
出来ない後戻り


「やりたい事やりたいように」。
田澤は、社会人野球から日本プロ野球を経ることなく、
ダイレクトにメジャーを目指した。


「出来ない後戻り」。単身、海を渡った。
その後、日本の球団と契約できないルールまで出来た。


日本のメディアからは批判も浴びた。誹りも受けた。
だが、信念を貫いて海を渡った。
2年目の春にはトミー・ジョン(右ひじ靱帯再建)手術もした。



♪しない脱落 したい活躍 どん底に落ちてもそこからRise Up
思考錯誤 決めた覚悟 3日もたなきゃ それは鼻くそ



田澤は遠征に出る際に、自分のロッカーをそっと整理整頓していた。
万一、遠征中にマイナー行きを告げられた時、
クラブハウスの用具係が荷物を出し易いように。
非情かもしれないがメジャーでは良くあるパターンだから。



♪出来ない後戻り 諦めたくないこの思い
不安という名の荷物背負いながら でも立ってんだって今ここに
辞めてたまるか 金が貯まるか 穴にはまるか下がるか 上がるか
勝利の女神俺に笑うか 描いた夢は最後に叶うか



今やセットアッパーとして
メジャーの名門ボストン・レッドソックスで
揺るぎない地位を確立した田澤。

それでも、不振や故障で戦線離脱する者が、
跡を絶たないこの世界。
バリバリのレギュラーだった選手が、
マイナーでもがき苦しんでいることも、珍しくない。

下がるか、上がるか、日々息詰る勝負を重ねながら、
更にワンランク上を目指して、自らの投球スタイルを築き上る。


田澤の登場は、抑えを務める上原浩治と共に、
“勝利の方程式”の一角を担っいる。
つまり、
『もぐらの唄』は、
本拠地球場に勝利の予感が漂う中で流れる
定番のメロディーということになる。



最後に、何度もリフレインされる印象的なサビの部分を。


♪この先もいろいろあんだろう それならその度にがんばろう
転けそになっても踏ん張ろう そうやって俺は強くなろう
何か残すため Born & Grow 決めたら最後までやり遂げよう
泣いても笑っても人生は一度きり


田澤は、自分の野球人生を「常に崖っぷち」と表現したことがある。

横浜商高時代は、プロはともかく、社会人からも声が掛からず、
野球とは全く関係のない仕事で就職するつもりで、内定も貰っていた。

「たまたま、練習を見に来ていた人が声を掛けてくれて、拾ってもらった」(田澤)、
いわば、”滑り込み”の形で、社会人の新日本石油で野球を続けることができた。

とはいえ1年目は、芽が出ず、キャッチボールの相手にも事欠き、
黙々と壁に向かって投げていたこともある。

社会人で野球で成績が出ず、通常業務にシフトされるのでは、
という危機感は常に背中合わせだったという。

まさに、この歌詞の通り、何度も、何度も、
転けそうになっては、踏ん張り、そうやって強くなってきたのだ。

この先も、色々あるだろう。
疲労が重なったり、不用意な1球を悔やんだり、
試行錯誤は、まだまだ続いている。

泣いたり笑ったりしながら、田澤の心から、
この歌のスピリットが消えることはないだろう。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
お手数ですが、ポチっとお願いします。


 ※この記事は、昨年2014年11月30日の記事をリライトした記事です。
関連記事

Posted on 2016/05/01 Sun. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1572-abb895fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド