メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1110

日米野球で来日したMLB代表チームPART2  




投手は中堅、打者は技巧派中心のイメージ。


8年ぶりに開催される「日米野球」に出場するMLB代表チームの全出場選手が確定しました。

今季16勝を挙げたシューメーカー(エンゼルス)や37本塁打のカーター(アストロズ)ら14選手を7日に追加発表。

出場予定だったジョーンズ(オリオールズ)、アイバー(エンゼルス)、ハーパー(ナショナルズ)は欠場となりました。
WSを制したジャイアンツからはゼロ。ロイヤルズからは4人が来日します。



《 戦力分析 》

戦力的には、投手力だけを見るとカーショー(ドジャ-ス)、ウェインライト(カーディナルス)、シャーザー(タイガース)、クエト(レッズ)らの20勝クラスや防御率の上位は軒並み来日しません。各チームの2番手~4番手が多いイメージです。

西海岸のチーム、シアトルのヘルナンデス(AL防御率王)や左のレスター(アスレチックス)あたりは来て欲しかった。
このメンバーなら黒田や上原、田澤も同程度の数字を残しています。

打者は、両リーグの首位打者が来ます。ただ、プホルスの不参加は残念。同じエンゼルスのトラウト(AL打点王)も来日しません。

複数のポジションができる選手が多いですね。チーム構成を考えれば、1塁手で4番バッターばかりを集められませんから現実的な選択かもしれません。




▽監督 
ファレル(レッドソックス)
 
▽コーチ 
 フランコナ(インディアンス)
 バターフィールド(レッドソックス)
 へール(ブルージェイズ)
 マダックス(レンジャーズ)
 ニエベス(レッドソックス)
 
▽投手
 岩隈久志(マリナーズ)RHP・・・先発
G28 W-L15-9 IP179 K154 ERA3.52 
 ガスリー(ロイヤルズ)RHP・・・先発、母親が日系人。




G32 W-L13-11 IP202.2 K124 ERA4.13 
※シューメーカー(エンゼルス)RHP・・・先発
G27 W-L16-4 IP136 K124 ERA3.04 
 和田毅(カブス)LHP・・・先発
G13 W-L4-4 IP69.1 K54 ERA3.25 
※サンティアゴ(エンゼルス)LHP・・・先発
G30 W-L6-9 IP127.1 K108 ERA3.75 
 カプアーノ(ヤンキース)LHP・・・リリーフ。先発経験もあり
G40 W-L3-4 IP97.1 K84 ERA4.35 

※ベリボー(レイズ)LHP・・・
K率12.75の好成績が認められ7月後半以降MLBに定着
G30 W-L-S0-0-1 IP24 K28 ERA2.63
※ブレビンス(ナショナルズ)RHP・・・リリーフ
G64 W-L2-3 IP57.1 K66 ERA4.87  
 チョート(カーディナルス)LHP・・・今季含め5年連続50登板以上。左のワンポイント
G61 W-L2-2 IP36 K32 ERA4.50  
※ハンター(オリオールズ)RHP・・・上原浩治とのトレードでオリオールズ移籍。剛腕
G60 W-L-S3-2-11 IP60.2 K45 ERA2.97  
※メランソン(パイレーツ)RHP・・・クローザー。MLBトップクラス
G72 W-L-S3-5-33 IP71 K71 ERA1.90
※モラレス(ロッキーズ)LHP・・・
リリーフ/先発
G38 W-L6-9 IP142.2 K100 ERA5.37
※ベラス(アストロズ)RHP・・・リリーフ
G40 W-L4-1 IP46.1 K50 ERA4.50  
※ウーテン(ブルワーズ)RHP・・・リリーフ。今季はMLBでキャリアハイの40試合登板
G40 W-L1-4 IP34.1 K29 ERA4.72


▽捕手
※ビュテラ(ドジャース)・・・打率が2割に達したことのない完全な専守防衛型の控え捕手
※クラーツ(ロイヤルズ)・・・ペレスの控え
 ペレス(ロイヤルズ)・・・25歳以下ではNO.1。ゴールデングローブ賞 


▽内野手
 アルテューベ(アストロズ)・・・AL首位打者。225安打。2B。
 カノー(マリナーズ)・・・現MLB最強のセカンド。6年連続の3割打者。
 エスコバル(ロイヤルズ)・・・青木の同僚。守備はSS。
 ロンゴリア(レイズ)・・・今季は打率.253と不振だったがMLBを代表する3B。
 モーノー(ロッキーズ)・・・NL首位打者
※ヌネス(ツインズ)・・・SS/3B/2B/OFを守れるユーティリティ。
 サンタナ(インディアンス) 

▽外野手
※ファウラー(アストロズ)・・・打率.276、HR8と平凡な数字。
 プイーグ(ドジャース)・・・キューバ人。2年目も打率.299、HR16と数字を残した。


▽内野手/外野手
 デューダ(メッツ)・・・30HR プホルスの代役クラスの力はある。
 ゾブリスト(レイズ)・・・OF/2B/SSとオールアメリカンのユーティリティプレイヤー。
 
▽内野手/外野手/指名打者
※カーター(アストロズ)・・・37HR(AL2)三振が多い。


※印は今回、追加発表された選手


ブログランキング・にほんブログ村へ ←MLBのくわしい情報や話題は



関連記事

Posted on 2014/11/10 Mon. 07:30 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1507-382c1bc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド